9:00 ~ 18:00
なし
2018年09月20日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

平成生まれだが、昭和を語りたい

こんにちは!西内です!

以前のブログでも紹介した黒田アパートですが、これを読んだ時に思ったんです。

紹介する気あるのかなこの人・・

 

ということで今日は私がしっかり紹介させていただきますね♪

 

アパート周辺に、お好み焼きが美味しい「七福」や、品揃え豊富な「ドラッグセイムス四万十トンボ店」などがあります。

 

黒田アパートは1階と2階が使えるメゾネットタイプ。

「この建物に2世帯?お隣さんと一つ屋根の下で暮らすの?!」

そう思った方!私も同じことを考えました!

 

ただ、建物中央のポストの付いた扉を開けた時、中が倉庫のようになっていたんです。

つまり、お隣さんとは倉庫で区切られているんですね。

ちょっと安心したでしょ?(*´ω`*)

 

 

 

わたし平成生まれだけど昭和育ちよ

室内は「おばあちゃん家」のような雰囲気。玄関もこんな感じだったなぁ。

呼んだらおばあちゃん出てこないかな?そんなことを考えたことでした。

 

天井までの高さも結構あるので、大きな下駄箱を置いてもまだまだ広く使えそう。

これを広いって言っちゃう私。家の玄関が狭いのがバレたかな(´・ω・`)

 

 

靴を脱いで室内へ。

まず思ったのは「すりガラスの仕切りが懐かしい。」

少々使い込まれた木の質感も中々味わい深かったですよ。

1階は洋室なので、重たいソファーやテーブルなどはこちらへ置くと良いですね。

 

 

キッチン周り。

青のタイルが昭和を感じさせる。まぁ昭和59年築ですから。

朝の味噌汁の匂い。夕方になると焼き魚やカレーの匂い。

そんな昭和の台所の風景をもう一度思い出させてくれる、そんな雰囲気。

まっ、私は平成生まれなんですけどね(*´∀`)

 

 

1階部分の収納は階段下にあります。

掃除機やトイレットペーパーのストックなんかはここになるかな。

 

階段下の物置ってなんかハリー・ポッター思い出しちゃって・・ここも好きな所なんだ。

布団敷いてみようかなとか思うけど、そんな広さではないのが残念(/_;)

 

 

この浴槽ではググッと足は伸ばせない。でも最近気付いたんです。

一坪風呂でも結局足伸ばして入ることないな。と。(個人的な意見です)

体育座りが一番ホッとする体勢なんだ!

 

 

 

2階へ【障子はブスブスしちゃダメ】

 

お風呂から出たら2階の和室で涼みましょうか。

今どきの賃貸物件で、和室に障子ってなかなか無いじゃないですか?これにはキュンとしちゃいました。

障子を貼り替える前にブスブス指で刺すの。大人になっても辞められない。

 

 

座っても外を眺められる窓の位置。

窓際に座って、趣味の制作でも。小さなちゃぶ台なんか置いてみて。

まぁ現代っ子の私は、スマートフォンを置いてお気に入りのアプリを開いてる。

 

 

収納はやっぱり押入れが使いやすいと思うんですけど、いかがでしょうか。

衣装ケースに色々入れて。掛けるものはハンガーラックを置けば解決でしょ?

 

 

隣のお部屋も同じく和室。4枚窓が眩しい。

バルコニーとサービスバルコニー、そしてここにもお布団干し放題。

 

 

2階に上がる時は全く気づかなかった。

2階撮り終わったし撮影全部終了!

 

 

・・1階に降りてる途中に気付いてしまったんです。


















 

 

 

 

 

 

 

”ハンガーフックめ!こんなとこにあったんかい!”

 

カメラ再起動して速攻撮りましたよ・・。

危うく大事なもの撮り逃すところでした。

 

玄関近くにハンガーフックあるのってすごく嬉しいですよね。

出かける時も帰ってきた時もサッと手が届く。

夏場などコートを使わない時期は、帽子やバッグなども掛けておけるし、お洒落に使いこなしてみたいです。

 

 

 

うんうん、今はしっかり2018年だ

 

おじゃましました、ガラガラっとドアを閉めて改めて黒田アパートな眺めてみる。

ちょっと昔にタイムスリップしてたような気が・・。

うんうん、今は2018年だよねと再確認。

外観や共用部のシブい感じが好きな人にはドストライクだろうな。

 

 

 

 

 

 

最後に、ヤマモト地所を代表するイケメン山下くんに黒田アパートのイメージモデルをしてもらいました。

最近よく有名インターネットブラウザの擬人化とか、アンパンマンのキャラを擬人化とか流行ってるじゃないですか。

まさしく黒田アパートの擬人化ver.ですよね。

クールで無口なんだけど、自分の前でだけたまに素を出して笑わせてくれたりする。

逆に、古臭い部分も最大限”良さ”として生かしてくれるのはあなただけなの。

よろしくお願いします。

 

 

 

黒田アパート102号室

 

 

 

この記事を書いた人
西内 姫乃 ニシウチ ヒメノ
西内 姫乃
お客様が心から満足のいくお部屋と四万十の良い所を地元の方はもちろん県外の方や海外から来られた方にもご紹介出来たらと思います。

まだまだ未熟ですが、私なりの接客スタイルでお客様との関係を築いていきたいです(ノ ´▽`*)ノ♪
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward