9:00 ~ 18:00
なし
2021年07月20日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

大丈夫ですか?あなたの土地

こんにちは!売買課の林です。

四万十市役所で、気になる冊子を見つけました。

国土交通省が発行しているリーフレットです。

管理が出来ていない土地や空家に対する苦情が年々増えているそうです。

全国の自治体の6割に苦情が来ており、その約1/4で、苦情が増加傾向。

主に近隣の住民や、地域の方からの声だそうです。

現在、活用していない不動産をお持ちの方にとって、他人事ではない事態です。



1、土地基本法の改正

人口の減少に伴い、全国で管理されずに放置されている土地が増えています。

適正に管理されないことで、景観や地域の生活に影響が及び、災害や火災などの発生時に、周辺住民への大きな損害も考えられます。

こうした問題解決のために、土地の適正な「利用」や「取引」について定められた[土地基本法]が、令和2年2月に改正されました。

【土地の所有者は、その土地を管理する責務を持つ】という点が追加されました。

自分の所有している不動産を、管理せずに、放置していてはいけないのです。

 

 

2、土地に関するリスク

放置したままの不動産、考えられるリスクは様々ございます。


・雑草や庭木が生い茂り、害虫が発生する

・ごみの不法投棄をされてしまう

・土砂災害の危険区域にあり、近隣や交通機関に被害を出す恐れがある

・建物やブロック塀の倒壊で人や近隣の建物を傷つけたり


いずれの場合にも、近隣への被害が予想され、苦情の原因となります。

大きな被害につながった場合には、多額の損害賠償金の請求も考えられます。

あなたの空き家、放置していると危険!増税や損害賠償の可能性も!

3、実際にあったお話

ヤマモト地所で、売却をしたい土地がありました。

土地の形や広さ、陽当り、はとても良い条件。

ですが、なかなか買主が現れません。

この土地のすぐ近くに、管理されていない空地があるのです。

雑草が生え、残置物や投棄されたゴミがあちこちにあり、見た目の印象が良くありません。

そのため、周辺の印象まで暗くしております。

この場合、売却したい土地の所有者様からすると、とても迷惑な話です。

かといって、管理されていない土地の所有者を調査して、管理をお願いするのは簡単ではないです。

あなたの所有している土地も、知らない間に周辺に迷惑をかけているかもしれません。

4、解決方法

土地を利用する予定が無い方、遠くに住んでいて管理できない方。

親から相続したものの、その土地について詳しく知らないという方。

お悩みも多いと思います。

土地を手放す事も選択肢の一つです。

県外にお住いの場合は、高知県四万十市の土地についてご不明な事も多いと思います。

「売却の場合の相場価格や、貸地にした場合はどうか、手放す以外の方法はあるのか」

色々な疑問にお答えいたします!

賃貸管理・不動産売買・相続問題、トータルでサポートいたします。

ヤマモト地所へお任せください。

5、さいごに

少子高齢化社会の進む現代、不動産の管理は他人事ではございません。

私も、土佐清水市に両親の住む実家があります。

家族の思い出の詰まった実家が、将来、空家となり、廃墟となり、朽ちていく事を想像すると怖いです。

実家に住む兄弟が居ないなら、家財を片付けて、せめてしっかり管理したい。

でも、自分も高齢となった30年、40年後、そんな事ができるのか疑問です。

将来は必ず来るので、今の時点で、両親の思いもしっかり聞いておきたいと思います。


▼売主様への情報をまとめております▼

四万十市の不動産、売却・買取お任せください!

ヤマモト地所売買課の強みとは

四万十市から遠方にお住いの売主様へ

この記事を書いた人
林 昌美 ハヤシ マサミ
林 昌美
土地や建物の売買をお手伝いさせていただきます。なによりも、お客様とのつながりを大切にしたいです。これまでに取得した資格も業務に活用して頑張ります!
store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward