9:00 ~ 18:00
なし
2018年05月09日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

ついに行った!西土佐四万十牛の「焼肉よこやま」

こんにちは!四万十市の食べすぎブロガーふきです。

 

以前さんさんテレビのぶろぐるグルメ焼肉たかみさんの取材をさせていただいた時に、和田早矢アナと一緒に食べた四万十牛!

 

いつも四万十市旧町内にある焼肉たかみさんで食べているんですが、今回はその四万十牛を育てている横山畜産直営の焼肉屋さん、四万十牛本舗 焼肉よこやまへ行ってきました♪

四万十牛とは、四万十川中流域の山間にある横山畜産の牧場で、年間70頭ほどしか生産されない希少な牛さん。

まあびっくりするくらい美味しかったですよ!!

ゆうじと二人であまりにもの美味しさにうなりながら食べていました(笑)

いっぱい食べて堪能してまいりましたので、ご紹介させていただきますね。

 

 

 

 

GW前半、やった~!予約が取れた!

2018年ゴールデンウィーク前半、どうしても釣りがしたいという一郎さんの希望を叶えるべく、西土佐へ向かった私達。

 

よって西土佐」や「道の駅四万十とおわ」をまわり、四万十川で釣り体験をして遊びました。

 

夕方になり、ホテル星羅四万十で温泉に浸かった後、夕食はどうしても「焼肉よこやま」で四万十牛を食べたいということになった私達。

急遽電話をしてみたところ、なんと予約が取れました~!

 

場所は「ホテル星羅四万十」や「よって西土佐」のすぐ近く。

夕暮れ時に浮かび上がるおしゃれなお店からは、肉の焼ける美味しい匂いがただよってきます。

私の食欲と期待は、もうすでにはちきれんばかりに増幅しておりました。

 

 

 

ニヤニヤしながら店内へ

木をふんだんに使った和風モダンな店内。

そして若い店員さんたちの、すてきな笑顔が出迎えてくれました。

 

まず目を引いたのは、カウンターのショーケースに並ぶでっかい塊肉たち!!!

 

こんな大きなお肉、初めて見ました!!

肉好きのいちろうさんも、びっくりです。

 

もうこれだけでも間違いないですよね。

 

ちなみに、このお肉を見ながら「一切れずつ食べたい!」「厚切りにして!」といったリクエストを聞いてくださるそうです。

 

 

 

わくわくしながらオーダー

メニューを見るのも楽しい♪

 

お肉がくるまで、横山さんの記事を読みました。

 

横山さん兄弟のお兄さんが牧場で四万十牛を育て、弟さんが精肉店と焼肉店で四万十牛を提供しているという。

 

お二人とも、四万十牛に最大限の愛情を注ぎ、プロとして私達に美味しいお肉を提供してくれています。

 

 

 

 

毎日ちがう四万十牛の希少部位

焼肉よこやまでは、毎日その日のおススメ希少部位を提供しているそうです。

 

ミスジ、カイノミ・・・?

初めて聞く部位です。

 

ミスジは牛の腕の部分で、700kgの牛でも左右で各1kg、だいたい2kgぐらいしか取れない希少な部位。

 

四万十牛の希少部位、色々と食べ比べたいので、希少部位の食べ比べ盛り合わせをオーダー!!

 

なんだろう、このお肉。

美しすぎます。

 

常温でお肉の脂が少し溶けていて、赤くキラキラと光っています。

「まるでルビーのようなお肉やあ。」

 

思わずいちろうさんにそう言わずにはいられませんでした。

ま、軽く無視されましたけどね(笑)

 

 

 

甘い!

ジューシー!

やわらかい!

 

噛み切れるやわらかさで、口の中に甘い脂が広がります。

かといって、そんなにもたれるような脂っこさでもなく。 

肝心の食べ比べの感想ですが、、、、ごめんなさい、全部おいしすぎて何も考えずに食べてしまいました(笑)

 

 

焼肉のたれとわさび醤油があるのですが、私はわさび醤油で食べるのが一番のお気に入りでした。

 

 

皆さん、四万十市西土佐へ遊びに行かれる際にはぜひ「焼肉よこやま」でまぼろしの四万十牛希少部位をご堪能ください!

 

夜からの営業なので、ビールを飲みたい人はホテル星羅四万十でお泊りしたらばっちりですね♪

 

 

 

焼肉よこやま

〒787-1601

高知県四万十市西土佐江川崎2594-1

営業時間 17:00~22:00 ラストオーダー 21:30

0880-52-2989

 

 

 

この記事を書いた人
山本 富貴 ヤマモト フキ
山本 富貴
土地や家を購入することは、人生の中でとても大きな出来事ですよね。
私は売主様、買主様両方の気持ちに寄り添い、トラブルなく笑顔で引渡しができることを一番に考えてお手伝いさせて頂いております+.・゚+・.+゚
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward