9:00 ~ 18:00
なし
2018年01月08日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

四万十市民祭の主役?!コーポ四万十の募集です!

 

ご無沙汰しております。

新年1発目のブログなので張り切って書きたいと思います、宮本です。笑

みんなが知ってる四万十の顔とも言えるマンション、コーポ四万十の空き情報です!

…と言いたいところですが、なんとブログをアップしようとしている間にご成約をいただきました。(笑)

なので、これからコーポ四万十1号館、あるいは2号館のご検討をされている方の参考になれば、と内容はそのままでアップします。

 

(お蔵入りが悔しいわけでは決してないですよ。)

 

 

コーポ四万十がない四万十市?!そんなこと考えられます?

 

具同側から赤鉄橋を見たとき、コーポ四万十がないときのことを考えてみてください。

あれ、なにか物足りない…

四万十市民は心にモヤモヤを抱えたまま日々を過ごすようになり、仕事にも身が入らず気もそぞろで生産性が落ち、業績不振へ

企業の業績が振るわないことで税収が落ち、四万十市のお財布も冷え込みます。

子供たちはコーポ四万十がないという心の穴を埋めるように非行に走り、家庭も荒廃していく…

 

…というのは大袈裟ですが(笑)

コーポ四万十はもう四万十川、赤鉄橋とセットで風景の一部になっています。

 

 

築年数を魅力に。

 

それほどまでに四万十市の心象風景に馴染んだコーポ四万十、さぞかし幽霊屋敷のようなんだろうな~と思ったアナタ!!

鉄筋コンクリート造なので、建物自体が丈夫で、築年数が古くてもいくらでも綺麗にできるんです!

 

弊社の営繕担当の頑張りと、各業者さんの助力によりまた素晴らしい部屋に仕上がりました。

 

毎回、原状回復作業を終えるたびに思うことなのですが、前入居者と暮らしを共にした床やクロス、そして水回りなどから生活感が消えて新しい入居者を受け入れる準備が整うのを見るとなんとも言えない感動があります。

 

流された岩が川底を転がり角が取れ、丸くなるようにたくさんの人の温かさを受けて、よりくつろげる空間へとなっています。

ぬくもりはそのままに新しく生まれ変わる、コーポ四万十ではより一層その良さが感じられると思います。

 

 

根強い人気のコーポ四万十です。

 

「コーポ四万十の空きってまだ出ませんか?」とよくお問い合わせをいただくほど根強い人気を誇るコーポ四万十。

夏の市民祭の花火はコーポ四万十のために打ち上げていると言っても過言ではないです。(笑)

少し気が早いですが、来たる2018年の夏を前にそんなコーポ四万十での生活、初めてみませんか??

 

コーポ四万十2号館207号室の詳細はこちら

 

コーポ四万十だけじゃない、ヤマモト地所

 

気になった方はどんどんお問い合わせください!

 

 

 

store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward