9:00 ~ 18:00
なし
2019年12月12日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

四万十の刺身、神レベル!!

お刺身だいすき、常務の山本富貴です!

 

私は高知県南国市出身で、15年前に転勤でこの四万十市へ赴任してまいりました。

赴任後すぐに祐司と出会い、8か月でスピード婚!!

 

私が結婚した理由は・・・。

もちろん祐司君のことが好きだったからだとは思いますが(笑)、今思うと、

四万十の食べ物が感動的においしかったから

に尽きるような気がいたしまして(笑)

 

 

高知県の会社員・公務員あるあるですが、

幡多へ転勤した独身男性は、おっとりした幡多美人と結婚する

というパターン、けっこう多いんですよね♪

 

きっとその背景には、幡多の魚やお酒が感激するほど美味しいというのがあると思うんですよ。

 

美味しい食と四万十川。

おっとりゆったり四万十時間。

四万十の居心地の良さにハマって移住される方も年々増えています。

 

2019年全国「住みよさランキング」11位の四万十市!

 

 

 

私が四万十市に移住して、はや15年。

その間、この四万十の美味しいものを探求してきたわけなんですが、やっぱりやっぱり四万十のお魚の美味しさは、全国で一番だと思っています。

 

四万十の美味い居酒屋をご紹介

 

何といっても、鮮度がすごい!

 

四万十へ来て初めて

ビリ

という、刺身の状態を表す言葉を知りました。

 

ビリガツオ

ビリサバ

 

それまで私が食べてきたお刺身の感触は、柔らかい。

噛むと、魚の身の繊維がホロホロっとほぐれるような食感。

まあそれがお刺身だと思っておりました。

 

ですが、四万十で食べる刺身は、食べた時の食感が全然違う!!

 

とにかく鮮度が高くて、もちもちと弾力があり、噛みしめるごとに魚の甘味が口の中に広がるんですよね。

 

 

それから、鰹の食べ方も色々あるんですね。

 

四万十へ来て、初めて

鰹の焼き切り

という鰹の食べ方を知りました!!

 

 

普通、鰹のたたきは、鰹をわらで焼いた後氷水でしめるんですが、焼き切りは焼いた直後に切って塩で食べます。

 

炙り寿司みたいな感じですかね。

表面は温かく香ばしい。

塩とニンニクスライスでシンプルに食べる、これが本当に美味しいんです。

 

 

 

年に一度、タイミングが合わないと口に入らないメジカの新子!!

この時期になると、毎晩ちきちんのマスターへ新子が入っていないか確認しています(笑)

 

毎年、師走の時期に楽しみにしているのは天然クエ!!

 

味劇場ちかの「天然クエ鍋」食べたよ

 

うふふ、再来週クエ鍋予約しちゃいました♪

 

炙り和たかみの炙りサバも楽しい美味しい♪

一度注文したら、この楽しさがわかりますよ~☆

 

 

 

そんな私が日常、刺身を買っている魚屋さんはここ↓

谷岡魚店(一条通商店街)

所在地:〒787-0025 高知県四万十市中村一条通2丁目50 
 
電話: 0880-35-2474

営業時間:~18:00ごろ

定休日:不明 日曜日も開いていました

 

 

 

そんなお刺身だいすきな私が、普段刺身を買っている魚屋さん。

このお魚屋さんは義母に教えてもらいました♪

 

 

 

土佐清水市や大月町で獲れた新鮮な刺身が、ずら~っと並んでいます!

 

写真を撮った時、ちょうどおばちゃんが不在だったのですが、またおばちゃんが人情味あふれる優しい方なんです。

 

もっぱら、私が谷岡魚店へ買いに行くのは、仕事帰りからいっくんをお迎えに行く間の慌ただしい数分間。

 

そこへ行くと、いつもと変わらぬ美味しいお刺身とおばちゃんの笑顔があって、その日の疲れを癒してくれています。

 

 

※18時ぎりぎりに行くとお刺身が完売していることが多いです!

お昼休みに買いにいくと確実です!!

 

先日、四万十市まちあそび人生ゲームに参加して、商店街の魅力を再発見した私。

 

四万十市まちあそび人生ゲームで地元の魅力を再発見!

 

これからも、どんどん地元の美味しいお店を再発見して、ご紹介していきたいと思います♪♪

 

食べ物の美味しさに感激!四万十市で暮らそう

 

 

 

 

この記事を書いた人
山本 富貴 ヤマモト フキ
山本 富貴
不動産のプロとして誇りを持ってこの仕事をしています!

不動産は大切な資産。ですが、放置していると負債にもなりかねません。

アパートの経営難に悩む大家さん、空地や空家を活用できず税金が負担になっている方、相続問題を抱えているご家族など、地域密着で多くの問題解決をお手伝いしております。
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward