9:00 ~ 18:00
なし
2019年11月18日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

土地や家を買おうと決めたら!

こんにちは、売買課の林です。

「HPを見て、物件をたくさん見よう」とお伝えしてきました。


その結果、買いたい物件が決まったら!

具体的な流れをまとめてみました。

1、買付申込書を書く!

土地やお家は、二つと同じものはありません。

売り切れたら、二度と巡り合えません。

ですので、「この不動産を買います」という意思表示をします。

それが買付申込書です。

記入いただく内容はこちら。

日付

住所、氏名、お電話番号、押印

ご夫婦連名で、購入される場合は、ご主人・奥様の2名分記入ください。

一緒に暮らすご家族

買付物件の表示 印字しております。

買付価格 物件代金です。

希望契約日 買付申込日から、約2週間くらいで契約しますのでおよそで記入します。

(例えば、12月上旬)

契約手付金

手付金は物件代金のおよそ1割くらいです。

物件代金1000万円なら、手付金100万円です。

契約日に売主様へお支払いしますので、契約日に用意できる金額でお願いしています。

お手元の自己資金を手付金にされる方が多いです。

希望取引日 住宅ローンの場合、契約からおよそ1か月後です。

(例えば、1月上旬)


【買付申込に必要なもの】

・認印

・免許証、保険証のコピーを取らせてください。

この申込書を、売主様に提出しまして、意思表示をします。

物件によっては、複数の申し込みが同時期に入る場合もあります。

原則的には、申込先着順ですが、売主様に選択いただく場合もございます。


現金で購入をお考えの方は、2は飛ばして、3へどうぞ!

2、住宅ローンの審査を受ける

購入を決めたら、すみやかに銀行で事前審査を行いましょう。

買付申込前に住宅ローンの事前審査を受ける方もいます。

もしも購入物件が変更になれば、改めて審査する必要がございます。

物件資料については、ヤマモト地所から銀行さんへお渡しできます。

【事前審査に必要な物】(銀行さんでご確認ください)

・源泉徴収票など年間の所得が分かるもの

・免許証、保険証、認印


買付申込書を提出して、売買契約までの間は、物件を押さえている状態です。

この期間が長くなってしまうと、売主様も少し不安になってしまいます。

「キャンセルになってしまうかもしれない」

「他の購入希望者を断らなくてはいけない」などのリスクが増えます。


事前審査の結果が〇と出ることで、次のステップへ進めます。

3、売買契約をする

売買契約は、ヤマモト地所のお店で行います。

およそ1時間ちょっとかかります。

【売買契約に必要な物】

・認印
・手付金
・印紙代(契約書に貼ります)

必ず本人がお越しください。


①重要事項説明を行う
 買主様へむけ、物件の詳細を説明します。

②契約書を読む
 売主様、買主様に、売買の契約条項を説明します。

③署名押印を行う
 自筆の署名、押印をしていただきます。

④手付金のお支払い
 売主様へ手付金をお渡しします。

⑤売主様から領収書をもらう

小さなお子様が一緒でも、おもちゃや絵本、お飲み物もありますのでご安心ください。


現金で購入をお考えの方は、4は飛ばして、5へ進もう!

4、銀行で本審査を行う

売買契約書を、銀行さんへ提出し、住宅ローンの本審査を行います。

事前審査が通っておれば、ほぼ問題ないかと思います。

団信については、少しお気をつけください。

持病やお薬の服用のある方は、事前審査の際に銀行さんにご相談ください。

銀行さんにもよりますが結果が出るまでおよそ2週間ほどはかかります。


そのため、契約日から、取引日まではおよそ1か月ほど期間を設けて考えます。

無事、審査結果が〇と出ましたら、いよいよお引渡しです。

5、決済、お引渡しを行う

決済は銀行さんで行う必要がありますので、平日になります。

現金決済の場合もお金の動きがあるので、銀行さんで行うことが多いです。

司法書士の先生も同席いたしますので、やはり平日です。

【決済当日に必要な物】

・実印
・印鑑証明書
・住民票


①司法書士による、売主様・買主様の確認

②銀行さんで融資実行

③物件代金の残額(手付金で払った分の残り)を、売主様へお支払いします。

④司法書士の登記費用や、仲介手数料などのお支払い


その後、司法書士の先生による所有権登記移転が行われます。

不動産が買主様のものとなります!

おめでとうございます!!

さいごに

一般的な流れになりますので物件によっては、異なる事もございます。

ご不明なことは、そのつど、聞いてくださいね。



こちらも合わせてご覧ください。

土地購入ってどうすればいいの?

この記事を書いた人
林 昌美 ハヤシ マサミ
林 昌美
土地や建物の売買を、お手伝いさせていただきます。 なによりも、お客様とのつながりを大切にしたいです。これまでに取得した資格も、業務に活用して頑張ります!
arrow_upward