9:00 ~ 18:00
なし
2019年11月20日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

土地や家が売れたら!

こんにちは、売買課の林です。

前回のブログ土地や家、買おうと決めたら!は、買主様向けでした。

今回は売主様バージョンです。


めでたく、売物件に買主様が現れた!

その後、お引渡しまでの実際の流れをまとめました。

 

1、買付申込書を受け取る!

買主様からの「この不動産を買います」という書類。

まずはこれをお届けいたします。

どの売主様も、ご近所さんとトラブルのない良い方に買ってほしい、と思います。

担当営業からも、買主様についてご説明しますね。

契約までの間に、買主様が住宅ローンの審査を行います。

少しお待ちいただきます。

 

2、売買契約をする

売買契約は、ヤマモト地所のお店で行います。

1時間ちょっとかかります。

(遠方にお住まいの方には、書類郵送で契約ができます。)

【売買契約に必要なもの】

・認印
・印紙代(契約書に貼ります。)


①重要事項説明を行う
 買主様へむけ、物件の詳細を説明します。

②契約書を読む
 売主様、買主様に、売買の契約条項を説明します。

③署名押印を行う
 自筆の署名、押印をしていただきます。

④手付金のお支払い
 買主様より売主様へ手付金をお渡しします。

⑤売主様から買主様へ領収書をお渡し

 

3、決済日までに行うこと

物件によって様々なケースがございます。

①例えば、売主様が居住中のお家を売却する場合。

お引渡しまでに、引っ越ししなくてはいけません。

②例えば、空き家になった家を売却する場合。

家の中にある家財や荷物を処分する必要があります。

③例えば、土地に古い建物が建っている場合。

更地でお渡しする条件ですと、解体撤去する必要があります。

(売却時の条件によって異なります)



④例えば、抵当権設定のされている土地建物の場合。

まだ住宅ローン支払い中の家を売却されます時は、銀行さんと連携をとっていきます。



転居先に賃貸物件を探したい場合は、ぜひヤマモト地所でお探しします!

引っ越し業者さんもご紹介できます。

建物の解体業者さんや、家財処分業者さんもご紹介できます。

決済日までに行うこと、一緒に解決いたしますのでご安心下さい。

 

4、決済、お引渡しを行う

決済は主に買主様の住宅ローンを融資いただく銀行さんで行います。

司法書士も同席しますので、平日に行います。


遠方にお住いの売主様ですと、事前に司法書士と郵送で書類やりとりを行います。

決済当日は、指定された口座へ物件代金が入るのをご確認ください。


【決済当日までに必要な物】

・実印
・印鑑証明書
・土地建物の権利証
(登記識別情報)


①司法書士による、売主様・買主様の確認

②銀行さんで融資実行(買主様住宅ローンの場合)

③物件代金の残額(手付金で払った分の残り)を、売主様へお支払いします。

④司法書士の登記費用や、仲介手数料などのお支払い


その後、司法書士の先生による所有権登記移転が行われます。

無事に、不動産売却が完了したことになります。

おめでとうございます!!!

さいごに

遠方にお住まいで、お越しいただけない場合でも大丈夫です。

ご安心してお取引できるよう、お電話やメールでご連絡をとってまいります。

売主様のご協力をお願い致します!

こちらも合わせてご覧ください。


不動産を売りたい

「家を売りたい」と思ったら…

この記事を書いた人
林 昌美 ハヤシ マサミ
林 昌美
土地や建物の売買を、お手伝いさせていただきます。 なによりも、お客様とのつながりを大切にしたいです。これまでに取得した資格も、業務に活用して頑張ります!
arrow_upward