9:00 ~ 18:00
なし
2019年10月04日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

今、求められている売家

こんにちは、売買課の林です。

先月、ホームページ掲載した売家が、4日後には【商談中】となりました。

4日後です!!


とても早い展開でした。

「こんなに早く買主が現れたのはなぜ!?」という疑問が浮かぶと思います。

それは、お家をお探しの方が、すぐに欲しい!と思う物件だったからです。


今、どんな売家が求められているのか、まとめてみました。

ご自宅や相続したお家の売却を考えている方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

 

 

①築年数のなるべく新しいお家


築年数は売家の評価にも大きく関わります。

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅は、旧耐震基準で建てられています。

そのため、耐震診断や工事に補助金制度が使用できます。

ですが、現在のところ、耐震設計・工事を受けられるまで、かなりの期間がかかるそうです。


昭和56年6月以降に建てられた住宅であれば、新耐震基準となります。

震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されています。

とても重要な判断材料となります。



売家は、築年数30~50年という物件が多いです。

そのなかで、築10年~20年以内となると、まだ新しく、買主様の目にとまります!

 

②空き家期間の少ない、または無いお家

築年数が浅くても、空き家になって4~5年経ってしまうと、家は傷んでしまいます。

カーテンや雨戸を閉めた状態で、換気もできず、日光にも当たらないとカビやシロアリの原因にもなりますね。


逆に、築年数30年でも、人が住んでいるお家は状態が良いです。

人が暮らすだけで、細かな傷みに気づくことができ、メンテナンスされていると思います。

リフォームをしているお家は、なおポイント高いですね!


ご両親から相続された家などは、時間が経つと空家期間が長くなってしまいます。

少しでも早く決断されたほうが、お家の評価を上げることにつながります!

 

③家財道具・荷物のない状態で内見できる

居住中の物件でも、売却活動はできます!

ですが、お客様を案内する際に、家具家財があると細かく内見できません。

また買主様が見分できない箇所もでてきます。

家具の後ろの壁に穴が開いていたり、カーペットの下の床が傷んでいたり。


家具家財が無ければ、内見の印象も良いし、なにより部屋が広く感じます!

同じ6畳間だとしても、広く感じて頂いた方が、良いですよね。


持ち家を売却して転居を考えている場合には、少しでも荷物を減らしていただくと良いです。

いずれ引っ越しで、整理するものなので、先に済ましておけて一石二鳥です。

家財のお片付け業者さんなども、ご紹介できますので、ぜひお任せください。

 

④現在、住宅ローン返済中でも大丈夫です

築年数の浅い物件ですと、住宅ローンも完済前になると思います。

現在返済中で、残債があっても、大丈夫です。

まずは、どのくらいの残債額があるか、教えてください。

物件を売却した額で、返済できるようにすれば、代金決済時に抵当権の抹消をしてお引渡しができます。


ローン返済中のお家を売却し、賃貸物件に転居される売り主様もおられます。

住宅ローンを返済したうえで、引っ越しや家賃に充てられると良いですね。

売主様の希望に沿って、売却価格の設定もできます。

 

⑤生活に便利な間取り

住まう方の生活によって便利な間取りは様々です。

リフォームやDIYで、自分好みにするのを楽しむ方も多いです。

その中で、お家を内見していて、良く聞くご希望はこちらです!

・キッチン、ダイニング、リビングは一つの部屋になっている

・できればカウンターキッチン

・個室が3つほどある(主寝室、子供室は2つ)

・浴室の隣に、洗面脱衣室がある

・トイレは水洗が良い(1・2階ともにほしい)

・クローゼットか物入が各個室にほしい

 

⑥駐車スペースは2台以上が理想

四万十市では、当然車での移動が主流です。

ご夫婦で1台づつ、来客時や、成人したお子様がいる場合もあり、駐車スペースは広いほど良いですね。

駐車場の無いお家でも、工夫することはできます。


庭木・庭石や、門・塀を一部撤去して駐車スペースを作ったお家もありました。

もしくは町中であれば近くに借りることもできます。

 

⑦隣近所との距離感が良いお家

新しい場所にお家を買う、引っ越すとなると隣近所は気になります。

窓を開けてすぐにお隣さんの家、というのは気を使います。


お隣さんの家との距離はできるだけ開いていたほうが嬉しいです。

二方向道路や、公共施設・公園などが隣地であればなお良いです。

「うちは隣近所と離れててさびしいのよ~」というお家、実は求められているお家なのです。

 

⑧スーパーや学校へ多少遠くても良い

立地の良さ、利便性の良さは、意外と人それぞれです。

車移動が当たり前の四万十市では、徒歩での距離はあまり気にしないようです。

大型スーパーやコンビニが近くなくても、学校などが遠くても。



例えば、売家の購入を決めたお客様のお声です。

「今の賃貸物件のすぐ近くで、今の生活圏内を変えたくなかったから」

「実家がすぐ近くで、夕方、子供を預かってもらえるから」

「職場の近くで家がほしくて、ウロウロしていたらちょうど看板があった」


一般に便利な場所でなくても、購入した方にはちょうどの場所だった!

けっこうあるお話しです。

 

さいごに

すでに【商談中】となってしまった売家に、キャンセルでたらご連絡がほしいというお客様がいます。

それだけ、家探しを真剣にしている方が多いのだと思います。

ホームページを見て、良い物件が出るのを、ひっそり待ってる方も多いです。


不動産売却の流れをご説明しています

 


お家の売却、少しでもお考えでしたら、ぜひ今、ご連絡くださいませ。

売買課スタッフ一同、お待ちしております!

 ※返信ができるよう、電話番号かメールアドレスの記入をお願いいたします。

 ※無理な営業行為はいたしませんのでご安心ください。

 

store

会社概要

ヤマモト地所

お問い合わせ

INQUIRY
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
この記事を書いた人
林 昌美 ハヤシ マサミ
林 昌美
土地や建物の売買を、お手伝いさせていただきます。 なによりも、お客様とのつながりを大切にしたいです。これまでに取得した資格も、業務に活用して頑張ります!
arrow_upward