9:00 ~ 18:00
なし
2021年06月30日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

空家を早く売った方がいい理由

相続などで実家を所有し、使用しないまま放置されている空家が増えています。

すでに別の住居がある為、使用しない場合が多いのではないでしょうか。

中には遠方に住まわれており管理自体難しい方もいらっしゃいます。

空家のまま所有し続けるとコストがかかったり、建物の劣化が早く進んだりとデメリットも多いです。

将来再利用されるか売却されるか、どちらの選択をされる場合でも管理を行っていたかどうかで費用面で大きく差が出るかもしれません。

 

所有しているだけでコストがかかる

不動産は所有している限りは固定資産税が毎年課税されます。

空家を管理する為(掃除用品や除草剤の購入など)に費用がかかる場合もあります。

場合によっては外壁や屋根のメンテナンスも必要になります。

四万十市でも古い空家の瓦が落ちてきて危険とのことで修復費用が必要になったケースもあります。

 

建物の劣化が進む

家は誰も住んでいない状態が続くと劣化が早く進みます。

劣化が進む原因としては、

・換気不足

空気の入れ替えができない為、湿気やカビが発生します。

建物を腐食させてしまう原因にもなります。

・配管の劣化

長期間に渡り通水を行わないと、管の内側が乾燥し破損しやすくなります。

乾燥は破損だけでなく、悪臭を放つ原因にもなります。

 

空家を継続的に管理することは、建物の価値を高めることにも繋がります。

 

価値が下がり続ける

劣化が進んだ建物はいざ売却を決意されても中々買主様が見つからない可能性があります。

すると空家期間が長くなりさらに劣化が進みます。

建物の状態が悪くなると、土地から建物解体費分を差し引くなど、通常より低い価格設定になるかもしれません。

将来ご自身で再利用される場合でも、リフォームに膨大な費用が必要となる可能性もあります。

 

まとめ

空家を放置することは建物の劣化を早めてしまい、再利用される際に余計な費用が発生したり、売却される場合には低い価格設定になってしまう可能性があります。

劣化を防ぐためには定期的な管理が必要となり、時間や手間がかかります。

遠方にお住まいの場合は管理自体が難しいこともあるでしょう。

そういった場合は思い切って売却を考えてみてはいかがでしょうか。

建物の状況確認から査定まで無料で行わせて頂きますので、是非相談からでもご検討下さい!

 

 

売却を検討される方へ読んでほしいこと!

 

 

この記事を書いた人
山下 裕太郎 ヤマシタ ユウタロウ
山下 裕太郎
不動産売買をサポートさせて頂きます。土地や住宅を売却・購入する事は人生で何度もある事ではありません。初めての事への不安、その不安を解消し、安心して頂けるよう努めてまいります!
store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward