9:00 ~ 18:00
なし
2019年01月19日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

四万十市から、子供とお出かけ

こんにちは、売買課の林です。

冬は寒くて、なるべく家に居たいのですが、子供がテレビばかり見てしまうので困ります。

四万十市から遠からず近からず、私の好きなお出かけスポットをご紹介します。

黒潮町入野の大方あかつき館です。

青い空に白い建物

大方あかつき館は、黒潮町の土佐入野駅から海方向、南側にあります。

サンシャイン大方の前の交差点を、南へ折れてまっすぐ進むと分かりやすいかも。
 
青い空に映える、真っ白な建物の外観がきれいです。

上林暁文学館・町立図書館・レクチャーホール・町民ギャラリー・会議室を含んだ複合施設です。

上林暁(かんばやし あかつき)氏は、黒潮町出身の小説家だそうで、その生涯においての作家活動の資料などが展示されています。

建物の南側には入野松原のクロマツ林が広がっています。

この道も素敵で、のんびり散策したいところですが...。

静かな場所での4歳の声が大きく響いて現実に戻されます。

「おかあさ~ん、しゃしん、とって~」

中へ入ってみましょう

建物正面からの様子に、内観への期待が高まります。

1階入り口の奥は全面ガラス張りで、北側庭に設置された池と庭が見えます。

この建物、建築家の團紀彦(だん のりひこ)氏によって設計されたそうです。

検索してみますと、1998年の作品として掲載されていました。

同じ年に、土佐清水市足摺の宿泊施設を設計されています。


白く直線的で、空と地上の間に溶け込むようなデザインが、共通してるようにも思います。

違った印象の、表参道の商業ビルや、沖縄県の宿泊施設なども手がけられています。

平日には人も少なく、建物の外観も内観もゆっくり眺められます。

子供が飽きてしまったら、とっておきの場所へ!

絵本専用ルームで、のんびりと

図書館の一部に、図書こども室があります。

靴を脱いで入るお部屋になっていて、子連れものんびりできます。

息子は、絵本よりもおもちゃ...。

飾ってあったお人形を持ってきて、1人で遊んでました。

たくさんの絵本や、紙芝居があります。

通常の図書館には、あちこちに読書や自習のスペースがありました。

平日は午前10時から午後6時まで。

土日は午前10時から午後5時までだそうです。

休刊日は木曜日と祝祭日・年末年始と館内整理日(毎月末の金曜日)

黒潮町在住でなくても、利用カードは作れるそうです。

(四万十市の図書館での返却はできないそうです。)

近くを散策してみました

あかつき館から、西へ歩いていくと、ネスト・ウエストガーデン土佐さんが見えてきます。

レストランだけの利用も出来るので、ランチに良いですよ。

その途中にくじらのモニュメントを発見!

子供は、乗りたくなりますよね~。

2体並んでいました。ベンチ、なのでしょうか?

この松林沿いの道を東へ行けば、道の駅ビオス大方に着きます。

5月のTシャツアート展でも有名な入野浜は東西約4Kmにもなる砂浜です。

台風間近の秋に来た時は、波が高く、潮であたりが白く、壮大な景色でした。

空の澄んだ、冬の海も良いです!

さいごに

いつもの休日は、ショッピングセンターで食材の買出しをして、ガチャガチャをして終わり。

ですが、黒潮町入野は、意外と近場で楽しく過ごせるコースです。

四万十市から車で20~30分で行けますよ。

子供も帰りの車でグッスリでした。




この記事を書いた人
林 昌美 ハヤシ マサミ
林 昌美
土地や建物の売買を、お手伝いさせていただきます。 なによりも、お客様とのつながりを大切にしたいです。これまでに取得した資格も、業務に活用して頑張ります!
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward