9:00 ~ 18:00
なし
2018年06月17日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

四万十市の小児科・子ども向け病院情報~①土日祝夜間に時間外対応してくれる救急病院

こんにちは!5歳児の男の子を全力で子育て中の山本富貴です♪

子育てに必須な情報の一つである病院!

 

転勤、Iターン、移住など、初めて四万十市で子育てをするパパママさんにとって、子どもが病気をした時に行ける病院情報ってとっても大事ですよね。

私も四万十市へ転勤でやってきたのがきっかけでこちらで結婚し、子育てをすることになったので、初めはどこの病院へ行けばいいかなど全くわからず不安でいっぱいでしたもの。

 

 

ということで、数回にわけて四万十市の小児科・子ども向け病院についてご紹介していきたいと思います。

まず1回目は、時間外に受診できる病院、幡多けんみん病院について具体的な受診方法などをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

小児科で土日祝・夜間等の時間外対応は幡多けんみん病院だけ!

四万十市のお隣である宿毛市にある幡多けんみん病院。

高知県立の病院であり、高知県の幡多地域で一番大きな総合病院です。

四万十市からは車で20分位の距離。

 

 

小児科があります。

幡多地域で子どもが入院可能な病院はここだけですので、重病だったり手術が必要だったりすると、必然的に幡多けんみん病院へ行くことになります。

 

うちの息子は、小さい時から気管支が弱く、しょっちゅう熱と気管支炎を繰り返してきました。

胸のゼロゼロがひどくて、呼吸も苦しそうな姿を見ると、居ても立ってもいられず、何度も土日や夜間に幡多けんみん病院でお世話になりました。

 

 

子どもがぐったりしていると心配
子どもがぐったりしていると心配
子どもがぐったりしていると心配
小さい頃はよくお熱がでますね
小さい頃はよくお熱がでますね
小さい頃はよくお熱がでますね

 

 

 

 

 

具体的な時間外の受診方法

1.まず幡多けんみん病院へ電話

もしもお子さんが意識不明だったり、呼吸困難な状態でしたら、絶対に救急車を呼んでください!

でも、救急車を呼ぶほどではない状態で親御さんが連れて行く場合は、まずはけんみん病院へ電話をしましょう。

 

幡多けんみん病院 0880-66-2222

 

電話をすると受付の人から看護師さんに代わってくれて、詳しい病状を聞いてくれます。

この時点で、パニック状態の親も落ち着くことができます。

 

病状を聞いて、やはり受診した方がいいとなったら、看護師さんが受け入れの準備をしてくれます。← ここが大事!お医者さんが少ないので、事前に連絡を入れた方がスムーズです。

 

【病院へ持っていくもの】

・健康保険証

・母子手帳

・お薬手帳

・タオル、着替え、オムツなど

 

 

 

2.幡多けんみん病院の時間外入口から入る

昼間とは入口が違いますので、ご注意ください!

正面玄関の方へは行かずに、病院の北側へぐるっとまわってください!

 

 

 

3.受付~受診

窓口で受付を済ませたら、看護師さんの問診があって熱や体重を量った後、待合室で待ちます。

インフルエンザ等の感染症患者が多い場合は、隔離された場所で待つこともあります。

待ち時間はどうしても長くなりますが、比較的いつも小児科の先生がいらっしゃるのできちんと診てもらえます。

どの先生もとっても優しくて、心配しすぎて泣きそうな親を安心させくださいます。

 

うちは気管支炎からの呼吸困難が多いので、吸入器で吸入することが多いですね。

吸入後にも胸の音を聞いてくれて、良くならなかった時は、肺炎の疑いのために肺のレントゲンをとりました。

肺炎で入院するお子さんも多いらしく、しっかり検査してもらえるので安心です。

 

 

 

4.薬を受け取る

平日昼間は院外処方ですが、時間外の時は3日分くらいのお薬を院内でもらえます。

四万十市では0歳から中学3年生までの子どもの医療費は無料(四万十市乳幼児及び児童医療費助成について)ですので、薬を受け取る場所で待ってそのまま薬をもらいます。

 

薬の待合いは電気が点いていませんので、窓口からのほのかな明かりの中で待つことになります。(ちょっとドキドキします)

 

 

 

 

 

救急で受診するべきかどうかの判断が難しい!

小さな子どもが熱を出したり、感染症にかかったりすることは、本当にしょっちゅうあります。

うちもひどい時は毎週発熱していた頃がありました。(4歳ころからだいぶ発熱が減りましたが)

なので、この程度で時間外で受診していいものかどうか・・・というのは常に迷っていました。

私はいつも心配しすぎてパニックになり、冷静な夫との間で、病院へ連れて行くべきかどうかで夫婦喧嘩になったりもしました・・・。

お医者さんも少ないため、緊急性が低い場合は時間外の受診は自粛しないといけないことはよくわかっていますが、わが子の病状が緊急性が高いのかどうかの判断が難しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

私がお医者さんから言われた判断基準は・・・

・呼吸困難

・高熱でぐったりして水分もとれない

・インフルエンザなどの感染症の可能性が高い(感染後すぐに対応した方が病状が重くなりにくい)

 

こういった症状の時は、迷いなく受診すべきだそうです!

 

 

 

 

 

こうちこども救急ダイヤルも利用してみて!

私はまだ電話をしたことがありませんが、

こうちこども救急ダイヤル

#8000

というサービスがあります。

看護師さんが電話で病状を聞いて相談にのってくださるそうです。

ぜひ迷ったら相談してみてください。

 
 
 
 
 
 
 
 
電話番号  #8000(または 088-873-3090 )
 
相談日     365日対応
 
相談時間    午後8時から翌日午前1時まで
 
 
 
 
 
 
 
 
 

子どもは絶対に助かる!親は冷静になって病状をしっかり伝えましょう

子どもの急病はいつ起こるかわかりませんし、新米パパママならなおさら不安ですよね。

かくいう私は、高齢出産で初めての子どもということもあり、発熱や気管支炎のたびに、自分の身が引き裂かれそうなほど心配になり、呼吸困難で息が止まってしまわないかと一晩中寝ずに確認していたほど不安でいっぱいでした。

 

幡多地域では時間外で受診できる小児科は幡多けんみん病院しかありませんが、必ず診てもらえますし、ドクターヘリもありますから、きっとなんとかなるはずです!

落ち着いて子どもの病状を看護師さんやお医者さんに伝えて、しっかり診てもらいましょう。

 

 

 

四万十市の子育て情報はこちらから

 

四万十市で家さがしするならこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマモト地所の公式ツイッターがスタート!

 

 

ここでしか見れない、つぶやかれない情報もあったりなかったり!?

フォロワーさん少なくて寂しいです(泣)

フォローミー!

 

 

 

そしてそして、ヤマモト地所では正社員(総合職)を募集しています。

ひとりひとりが成長し、充実した人生にできるような仕事を目指してがんばっています!

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
山本 富貴 ヤマモト フキ
山本 富貴
土地や家を購入することは、人生の中でとても大きな出来事ですよね。
私は売主様、買主様両方の気持ちに寄り添い、トラブルなく笑顔で引渡しができることを一番に考えてお手伝いさせて頂いております+.・゚+・.+゚
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward