9:00 ~ 18:00
なし
2021年04月24日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

空家がゴキブリの住処に!?

気温が上がるこれからの季節、活動が活発になる害虫といえばゴキブリ。

人が住んでいる家には勿論、空家にも顔を出し始めます。

人が住んでいない空家には、実は害虫が住み着きやすくなります。

たまに家を見に行くとゴキブリだらけだった、なんてことにならないようにしたいですね。

 

ゴキブリが出やすくなる原因

管理がされていない空家だと、ゴキブリの好物であるホコリや虫の死骸が発生します。

さらに湿気や暗さがゴキブリにとって快適に暮らせる環境な為、繁殖を繰り返すようになります。

ゴキブリは元々家に居る訳ではなく、外部と繋がっているエアコンのホースや排水口などから侵入してきます。

住みやすい環境、日々積もるエサ、出ていく理由はありませんね。

 

空家をゴキブリの住処にしない為に

ゴキブリに住み着かれる前に対策を行うことが重要になります。

換気を行い湿気を逃がす

ゴキブリは暖かく湿気があり、暗い所を好みます。

定期的に空家の空気の入れ替え、湿気を逃がしましょう。

数時間、窓や玄関を開けるだけでも変わってきます。

通水を行う

排水口のS字トラップに常に水が溜まっている状態を保ちましょう。

S字トラップに水を溜めておくことで、外部からゴキブリが侵入してくる経路を塞ぐことができます。

もしS字トラップの水が蒸発してしまうと、ゴキブリなどの害虫の侵入だけでなく、悪臭の原因にもなるので、定期的に通水するようにしましょう。

 

定期的な掃除、特にダンボールには注意

実はダンボールはゴキブリが好む環境が整っています。

ダンボールは保温性・保湿性に優れており、暖かく湿気を保ちやすい。

隙間に入れば薄暗い。

ゴキブリが住むにはピッタリです。

ダンボールの真ん中には波状の芯があり、この間には要注意です。

空家にダンボールは放置しないよう持ち帰り処理しましょう。

 

また、空家でなくとも、配達されたダンボールにゴキブリが卵を産み落としている事もあるので、ダンボールにはお気をつけ下さい。

 

適切な空家の管理を

空家の管理を怠る事で、害虫や悪臭の発生など、周囲へ悪影響を及ぼします。

そうなると以前ブログの記事にした、特定空家の指定を受ける可能性も出てきます。

今回ご紹介の対策も、単に害虫対策だけでなく建物の老朽化を遅らせる役割も果たせます。

 

かといって、継続した管理を行うことが、ご自身では難しい場合もあるでしょう。

空家のことでお悩みがある方は是非ご相談下さい!

県外など遠方にいらっしゃる方でもお電話でご相談可能です。

所有者様の状況などもお聞かせ頂ければ、その状況を踏まえてご提案させて頂きます。

 

 

知って得する!

 

この記事を書いた人
山下 裕太郎 ヤマシタ ユウタロウ
山下 裕太郎
不動産売買をサポートさせて頂きます。土地や住宅を売却・購入する事は人生で何度もある事ではありません。初めての事への不安、その不安を解消し、安心して頂けるよう努めてまいります!
store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward