9:00 ~ 18:00
なし
2019年05月13日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

山本リホーム(営繕課)について~ 輝き続ける男たち~


ヤマモト地所のスタッフ紹介に山本リホーム(営繕課)って書いてあるけど、具体的に何をしている人たちなのか。
今回は山本リホームのお仕事中に少しだけお邪魔して詳しく話しを聞いてきました!

 

 

普段どんな仕事をしてるの?

基本的に山本リホームは管理物件などの退去したお部屋の原状回復、入居後の修繕依頼の対応、物件の巡回をしています。


少し細かく説明していくと押入れをクローゼット化したり、床鳴り修理などの大工仕事や水栓交換、電気工事、クロス洗浄などなど・・。

その他にも放置自転車対応、駐車場線引き、資源ゴミのカゴ出しなんてのもしてるんですよー!


そして山本リホームのスタッフは、危険物取扱者丙種・危険物取扱者乙種4類・2級ボイラー技師・フォークリフト運転技能講習修了者・第二種電気工事士などの資格保持者なので信頼性も高いです。

 

 

入居後の対応と山本リホームの信念

入居中に水漏れしたり排水の詰まりなどのトラブルがあった場合、管理会社やオーナーさんに連絡すると思います。
しかし連絡しても管理会社の対応が遅く、修理業者がすぐに来てくれない。
不便な生活を強いられる上、いつ業者がくるのかとイライラは募りますよね。

その点山本リホームはすぐに駆けつけ、しっかり確認。知識・経験豊富なスタッフが対応します。
場合によっては専門業者さんにお願いすることもありますが、迅速な対応ができるのが山本リホームの強みなんです。

”その日のうちに、一秒でも早く入居者を安心さてあげたい”

そんな想いで仕事をしています。

 

 

 

 

山本リホームとは・・そしてたった1つの悩み

山本リホームとは・・まさに縁の下の力持ちというべきでしょうか。
営業マンと違ってお部屋を借りる前に会うことは滅多にありませんが、影で支える大きな存在(*^^*)


ただ、山本リホームのスタッフに1つだけ悩みがあるそうです。

「管理物件の巡回してたら、入居者さんに不審者と間違われやすいこと」

だそうです。笑
先日も入居者さんに「え、なにしてるんですか・・?」と恐る恐る聞かれたとのこと(笑)



管理物件は定期的に巡回し、外壁の劣化や色あせ、外溝のフェンスや通路の破損や陥没、植栽の枯れや剪定の必要性などの状況を確認します。
巡回結果を各オーナー様に報告し、改善箇所があれば提案を行い良好な物件維持に努めているのです!

決して不審者ではございません!笑

ヤマモト地所の管理物件ですと、何かトラブルがあったときお部屋を仲介した担当スタッフに連絡してもらって大丈夫です。
なので山本リホームのスタッフなのか、本当の不審者なのか怪しいときは担当スタッフに連絡してください(笑)

オーナーさんに連絡するのはちょっと緊張するな、なんか怖いな・・というお客様も少なからずいらっしゃると思います。
そんな時でも、仲介担当してくれた担当者が窓口になってくれたらお客様も安心ですよね^^



お部屋のご紹介や契約の手続きのみでなく、入居後のサポートもしっかりする。
入居してから困ったこと、生活していて気になることがあればお気軽に声をかけてください。

 

 

 

 

この記事を書いた人
西内 姫乃 ニシウチ ヒメノ
西内 姫乃
お客様が心から満足のいくお部屋と四万十の良い所を地元の方はもちろん県外の方や海外から来られた方にもご紹介出来たらと思います。

まだまだ未熟ですが、私なりの接客スタイルでお客様との関係を築いていきたいです。
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward