9:00 ~ 18:00
なし
2018年09月09日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

QOL爆上げ?賃貸物件の選び方はお部屋の向きも参考に。

 

お部屋探しをする際に家賃や立地で気に入ったところが何件かあり、最後の1件に絞りきれない方の背中を押そうと思います。笑

意外と大事なお部屋の向きをフォーカスします。

現在、お部屋探しをしている方だけではなく、模様替えをしようとしている方にも役立つかもしれません。

このブログを読んで、QOL爆上げ部屋を見つけてください。

 

 

 

お部屋の向きは意外と重要。

 

一般的に南向きのお部屋が良いと言われますが、その理由は単純明快。

日当たりがいいからです。

 

日本は北半球にあるので、太陽は常に南側に見えています。

南東から昇った太陽は南西に沈むのです。

 

つまり、南向きのお部屋は日中のあいだ、ずっと日が差し続けるのです。

日照時間が最も長いので、最もバランスが取れているということもできます。

 

日照時間が長いので洗濯物の乾きもよく、秋冬には自然光の温かさや明るさがあるので、日中の暖房代や照明費用が節約できるというメリットがあります。

 

どうしても南向きのお部屋が人気があり、賃貸物件も南向きがほとんどです。

しか~し、人によっては他の方角の方が良いことがあるんです。

 

 

 

東向きのお部屋は、生活リズムを整えたい方におすすめ

 

東向きのお部屋は、生活リズムを整えたい方におすすめです。

 

太陽は東から昇るので、朝一番の太陽を浴びることでき、体内時計が狂いにくいのだそう。

また、朝の日差しでお部屋も暖かくなるので、すっきり起きやすいというメリットもあります。

 

そして、東向きのお部屋は日当たりを考えると、洗濯物を干すのは午前中になりますね。

 

朝日で目を覚まし、洗濯物を干してゆっくり準備をして会社に向かう。

これぞシンプルで洗練された朝の過ごし方。

 

「パートナーの料理をする音」、「執事が入れたダージリンの香り」に次ぐ最高の目覚めです。(※宮本調べ)

 

 

 

 

西日は意外と大丈夫!

 

次は西向きのお部屋。

西日という言葉が浮かんで、倦厭される方もおられますが、案外悪くないんですよ。

夕方に洗濯物を干す方は乾きが早いですし、冬には夜まで温かさが残るので暖房費用が節約できるんです。

 

自分としては夜型の人に西向きのお部屋を激推しします。

なぜなら朝日が入らないから

 

昼以降に起きてお仕事に行かれる方なんかは朝日で目が覚めるのが逆に嫌ですよね。

朝日が入らないことで朝はめちゃくちゃ寒いのですが、布団から出なければどうということはありません。笑

午前中にしっかり寝ても大丈夫な職種の方は、西向きのお部屋は案外穴場物件なのかも。

 

 

上では西日が暑い日差しということを前提に話しましたが、実は、西からの日差しが特別暑いというわけではないそうです。

赤色の持つ色覚効果最も気温が高くなる時間に差し込む日差しということで実際以上に暑く感じさせているというカラクリ。

 

確かに最も気温が高い時間帯に、さらに日が差し込む西向きのお部屋は温度が高くなりますが、夕方以降は家に居ないのであれば西日の暑さも関係ないですしね。笑

 

自分が思う西向きのお部屋の大きなデメリットは、ズバリ家具などの日焼け冬の寒さです。

まあ、家具はどの向きの部屋でも日に当たる時間が長ければ焼けるものなんですけどね。

 

そんなことより西向きのお部屋は夕日が綺麗なので、それを見て癒されましょう。

「沈む夕日を眺める人」は、「快晴のグランドキャニオンの崖に立つ人」と「新雪を踏み歩く人」と並ぶ、誰がやっても絵になる風景の一つです。(※宮本調べ)

 

 

 

 

最後は北向きのお部屋!

 

最後に北向きのお部屋についてです。

四万十市の賃貸物件では、掃出し窓が北向きの物件はおそらくなかろうかと思いますが、日当たりは悪いです。

なので、洗濯物も乾きにくいし、湿気も溜まりやすい

 

最悪やん…と思うでしょ?

 

実は、個人的には北向きの部屋って結構好きなんです。

というのも、日差しがふわっとしか入らないということは、日焼けしないということなんです。

 

本の背表紙も、壁紙も、家具も焼けない。

 

本棚にたくさんの本がある人や、家具などの風合いを損ないたくない人はすごく助かると思います。

 

 

本はもちろん、ギターや絵画など、焼けてほしくないものが多い宮本には北向きのお部屋最高なんです。笑

湿度についても除湿機をつければオールオッケーですしね。

 

また、夏は涼しいので暑がりさんも嬉しいはず。

そのかわり寒がりさんは冬の暖房が欠かせませんが。笑

 

そして、北向きの窓から見える景色は太陽光が当たっている面を見ることになるので、景色は南向きのお部屋より綺麗なんです。

逆光にならず、順光での景色なので、空や山は青々と見え、花々はくっきり鮮やかに。

窓から見える景色が山、海、街並みのどれであっても美しく目に飛び込んでくるはずです。

 

感性が磨かれるお部屋というと大袈裟かもしれませんが、北向きも悪くないと思っていただけたんじゃないでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

どうでしょう、お部屋の向きって意外と生活に影響を与えそうじゃないですか?

ワンルームでなければ、南向きで北側にもお部屋がある物件、南向きで東側に窓がある部屋がある物件という複合的に考えることになります。

 

南向きでも目の前に大木や塀があったり、建物が建っていたりすることがあるので、実際に現地で確認して体感してみるのも良いかもしれません。

気になる物件を1つに決めきれない時は、宮本にご相談ください。

ご案内して、隅々まで一緒に確認いたします。

 

宮本おすすめの賃貸物件を見てみる!

 

 

 

この記事を書いた人
宮本 留伊 ミヤモト ルイ
宮本 留伊
私も大学入学のとき、就職のときと京都で部屋探しで苦労した思い出があります。

その経験からあらゆる角度からのご提案をして「実際住んでみないと分からない」を事前にできるだけなくし、気持ちよく不安の少ない新生活のお手伝いができるように尽力します。
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward