9:00 ~ 18:00
なし
2016年07月27日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 真面目編

ヤマモト地所長岡です (・∀・)

早くも新築用にソファー買っちゃいました!

 

 

家を建てる編は、前回のブログから動きが無いので別のお話を。

 

私自身家を建てるようになり、多少ですが分かることが増えました。

そのおかげで今まで出来なかったような話が出来るように。

 

土地を探す、建築会社を探す、お金を払う。

 

簡単に出来れば誰も悩みません。

その中で聞きづらいのがお金の問題だと思うので、ざっくり説明を。

 

土地が700万円・建物が2,000万円と言われたら2,700万円借りたらいいんですか?

と思うかもしれませんが、それでは足りません。

 

まず700万円の土地を買うとすると。

所有権移転費用(所有者を売主から買主へ変更)が土地の評価額に応じてですが、数万円程。

仲介手数料が291,600円(700万×0.03+6万×1.08が仲介手数料の計算式になります)

固定資産税(土地の評価額によって変動)の日割りが引渡日に応じてかかりますので、単純に740万円くらい必要です。

 

そして建物が2,000万円

それは建物だけですか?という話を聞いて、全て込みと言われたら良いのですが、上物だけで2,000万円だとしたら。

 

オール電化住宅にする為にエコキュートを取り付ける。


 

 

・浄化槽を入れる。

 ※ 四万十市では合併処理浄化槽の補助金制度があります。

 


・塀や庭などの外構費用が入っていない。

 

 

という場合もあり、ただ2,000万円と思っていると、数百万円プラスしないと自分の理想の家を建てられないなんてことも。


それでは全て込めて2,000万円の家を、経費を入れて740万円の土地で建てる際、銀行に2,740万円借りればいいのか?

と聞かれると、それも難しいです。

 

銀行に2,740万円借りるにも費用が発生します。

 

参考資料としてりそな銀行の住宅ローン手数料を。

 

ローン契約書に添付する印紙代20,000円。

保証会社さんへの事務手数料が54,000円。

お金を借りる為に抵当権(家・土地を担保にします)をつけます。抵当権設定登記に伴う費用が借入金額によりますが10万円程度。

 

ここまでなら払える!

と思うかもしれませんが、ここからが高額。

 

・保証料が勤続年数・借入期間によって変わり、数十万円程度。
(長岡が35年で借入金額を2,600万でシミュレートしてもらうと80万円以上の金額を言われました…)

 

・住宅の火災保険費用が(省令準耐火構造なら半額近くに!)何十万円もします。
(期間が10年コースもあり毎月支払うより安いですし、銀行によっては加入をお願いする場合もあるとか)

 

※ 上記の高額な保証料に関しては金利上乗せで毎月支払いに出来ますし、火災保険も年払いにすれば安くなります。

 


これらを踏まえると若く、勤続年数が10年未満でしたら2,850万円は必要かもしれません。(銀行によって費用は変動します!)

 


このように、実際にかかる費用は高額になってしますので注意しないといけません。

 


一生に一度の買い物だからこそ、ぼかされた話で動いてはいけません。

 

・土地を買うのに必要な費用。

・建物に関しては、住むために必要な状態にしてくれる費用。

 

そこを踏まえ、必要な金額を決め、銀行さんと打ち合わせをしないといけません。

 

・上記費用を借入する場合、保証料・火災保険料も一緒に借入するか?

・その金額を借入した場合、月の支払いはいくらになるのか?

 

難しいことのように思えるかもしれませんが、貴方の今後に関わってきます。

それに対して真摯に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

久しぶりに真面目なブログを書き、少し疲れました(笑)

次回は取り壊しも終わって工事に入っていると思うのでそれをブログにしたいと思います!

 

 

 

 

 
四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 第1回

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 第2回

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 蛇足編

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 第3回

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 取り壊し編

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 真面目編

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 棟上編

四万十市で賃貸からマイホームを建てたいアナタへ 玄関ドア編

新築完成まで残り1ヶ月をきりました!


 

 

 

この記事を書いた人
長岡 優 ナガオカ ユウ
長岡 優
お客様の想いを紡ぐのが私たちの仕事です。

その時の最適を提案し、長く環境の変化に寄り添い、また提案し。プロだからではなく、気軽に相談ができる友人として。

住む人が納得できる選択のお手伝いをさせていただきますので宜しくお願い致します。
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward