9:00 ~ 18:00
なし
2021年06月18日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

【四万十市】がんばるママ・パパ応援団!しまんとファミリーサポートセンター

こんにちは、西内です。
4月末頃に職場復帰をし、娘は保育園へ預けているのですが働く親にとって一番の敵は「急な病気」です。

特に平日は預かってくれる人も居ない→自分が仕事を休むしかない→職場に迷惑をかけてしまう・・

という悪循環。
そんなときにふと思い出したのが、娘を出産したときに市役所から受け取った「四万十ファミサポ」の資料。
受け取ったときは色々な手続きや、慣れない子育てでバタバタしており特に見もせず冷蔵庫の横にペタンと貼り付け(笑)


このサービスは利用するしかないやろ!といろいろ調べてみたので、ブログでもシェアしますね。

 

 

 

ファミリーサポート制度ってなに?

ファミリーサポート制度とは、毎日育児に、家事に、仕事に、忙しくがんばる子育て中のお父さん・お母さんを応援する制度です。
子育てをお手伝いしてほしい方(=依頼会員さん)を、子育てをお手伝いできる方(=援助会員さん)がサポートします。

 

 

 

どんなときに利用できる?


・今日は残業になりそう・・誰か保育園にお迎えに行ってくれないかなぁ・・

・体調を崩してしまった。病院に行く間、子供を預かってくれる人はいないかな。

・たまには美容院やショッピングに行ってリフレッシュしたい。少しの間預かってほしい。

 

など、なんでもOK!預ける理由は問いません!とのこと。
気軽にお願いできるのが嬉しいですね。

 

 

 

利用料金は?

600円/1時間~(平日7時~19時)
700円/1時間~(土日祝日、平日の上記以外の時間帯)

※病児病後児の場合、上記の利用料に1時間あたり+100円。
※兄弟姉妹がいる場合、2人目から半額。

 

 

依頼(おねがい)会員さんになるには?

【対象】

・四万十市在住または、四万十市在勤

・生後6か月~小学校6年生までのお子様と同居する保護者の方

(ただし、病児病後児は1歳~)



【登録から活動までの流れ】

① まずはセンターに連絡(0880-34-8310)し、会員登録の日程打ち合わせ。

② センターにて会員登録と子供に関するヒアリングを行う。

③ 後日、センターが子供に合った援助会員さんを探し、マッチング(顔あわせ)。

④ 依頼会員さんと援助会員さんがお互い理解し合うことができたら、ペア成立。

⑤ 援助の申し込みが可能。

 

 

 

補償・保険制度

万が一の事故に備えて、会員になると4つの補償保険が自動付帯されるそうです。
※補償保険料はセンターが負担

① サービズ提供会員傷害保険

② 賠償責任保険

③ 依頼子ども傷害保険

④ 研修・会合傷害保険

 

 

 

ファミサポ利用中のママ友に聞いてみた!

ファミサポを利用しているというママ友達に、利用してみた感想など色々聞いてみました。


「最初は子供が人見知りをして大泣きだったけど、援助会員さんがものすごく優しくて良い方で安心して任せることができたよー!」


「依頼会員・援助会員の自宅以外にも、子育てひろば「とことこ」や、児童館、フジグランやマルナカなどの商業施設でもみてもらえた」


「登録後、援助会員さんとマッチングするまでに、少し時間がかかったから早めに登録した方がいいよ!」


「2時間無料のおためし利用ができるから是非登録してみてー!」



などなど。
ママ友みんな、おすすめだよ!と言ってくれたので私も登録しに行く決意を固めました!(笑)


子供と離れる時間なんて今までトイレの時間くらいだったし、最初は甘えてもいいんだろうかと感じてしまうかもしれません。
ファミリーサポートは、ただただ仕事が忙しい人の為だけの制度ではないと思っています。

少しでもゆとりある時間を作り、心に余裕を持てるからこそ、めいいっぱい子供に愛情を注げるんです!
無理をせずに使えるサービスは利用して、育児の負担を減らしていきましょう(*>_<*)ノ!

 

 

 

お問い合わせ先


■しまんとファミリーサポートセンター

住所:高知県四万十市右山元町1丁目2-4
電話番号:0880-34-8310

 

 

 

この記事を書いた人
西内 姫乃 ニシウチ ヒメノ
西内 姫乃
お客様に心から「ヤマモト地所に任せてよかった!」と思ってもらえるような接客を心がけています。

広報活動にも力を入れており、世間から社員ひとりひとりが愛され、そしてヤマモト地所が地域に愛されるような活動もしていきたいです。
store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward