9:00 ~ 18:00
なし
2020年08月30日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

不動産売却【仲介】と【買取】

 

不動産売却する場合には、仲介と買取の2つの方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、売主様の状況次第でどちらが適しているか変わってきます。

仲介と買取の違い、どういった状況の方がどちらに向いているのか。

ご自身の状況、達成したい目的に合わせてスムーズな売却ができるよう確認しておきましょう。

仲介と買取の違い

 

仲介と買取の大きな違いは、「売却価格」と「売却期間」。

 

・不動産仲介

売却する不動産を不動産会社に売却を依頼することで、不動産会社が一般のお客様から購入希望者を探します。

販売活動としては現地への看板立て、HPへの掲載、既存または来店されたお客様へのご案内などを行います。

売却価格はより相場に近い金額で売却できる場合が多いです。


・不動産買取

不動産会社が直接買取を行いますので、買主は不動産会社となります。

購入者を探す必要がないので売却期間は短く、素早く売却することができます。

ただし、売却価格については相場よりも低い価格での買取りとなるため、売主様の手残りは仲介の方が多くなる場合が多いです。

土地の立地や広さや形など、条件によっては買取ができない場合もあります。

 

 

 

仲介が向いている方

一般の買主様に向けて販売活動を行いますので、売出し価格を設定しましょう。

売出し価格については売主様のご希望もお伺いし、ご提案させて頂きます。

買主様も高額な買い物になるので慎重になり、売却期間は数か月かかることもあります。

場合によっては募集を始めてすぐに購入者が現れることもありますが、時間がかかっている物件については成約に繋げるために、価格変更や条件変更等のご提案をさせて頂くこともあり、売主様にもご協力をお願いすることもあると思います。

なかには案内したお客様から様々な意見を頂くこともあるでしょう。

そういった意見を売却活動へ反映させることができれば成約に近づくかもしれません。

じっくりと納得のいく価格で売却したい方には仲介をおすすめします。

 

買取が向いている方

買取の一番のメリットは短期間での現金化です。

急な相続などで時間をかけずに早く売却したい、すぐに現金が必要になった、など事情を抱えている方もいらっしゃいます。

また、売却することをご近所さんに知られることなく売却したい、という方もいらっしゃると思います。

売却するために行う看板設置やHP上での募集は行わないので周囲には知られずに売却することも可能です。

短期間の現金化を希望される方や、売却することを周囲に知られたくない方、できるだけ手間をかけたくない方などは買取がおすすめです。

ただし、買取可能な物件は限られるので注意が必要です。

 

売却により達成したい目的は明確に

売主様によって住み替えなのか処分なのか、事情は様々です。

ご自身に合った売却方法を選択することが重要になります。

そのためには不動産を売却する理由や条件、目的を明確にしておきましょう。

例えば、売却理由が処分で、高値で売却したい方であれば、すぐに買主様が現れなかった場合に、値下げ以外の方法で売却する方法を考える必要も出てきます。

逆に、安くても手間をかけず早期売却を希望される場合は、一般の買主様を探すことはもちろん、買取をご提案させて頂くこともあるかもしれません。

 

査定させて頂きます

 

不動産売却はまず相場価格から確認することも大事です。

売出し価格が相場からかけ離れると売却期間はどうしても長期になる可能性が高いです。

適正価格を把握し、価格設定を行えば反響数に大きな差が出ます。

 

ご相談頂ければ、現地調査なども行い無料で価格査定をさせて頂きます。

よりスムーズな売却に向けて最適な価格設定を行いましょう。

是非この機会にご相談頂ければと思います。

 

 

売りたい人必見!

 

 

この記事を書いた人
山下 裕太郎 ヤマシタ ユウタロウ
山下 裕太郎
不動産売買をサポートさせて頂きます。土地や住宅を売却・購入する事は人生で何度もある事ではありません。初めての事への不安、その不安を解消し、安心して頂けるよう努めてまいります!
store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward