9:00 ~ 18:00
なし
2018年07月21日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

非・無難 白い壁紙がない家 7/21~23/2018

長く住む家だから壁紙は無難に「白」という家が圧倒的に多い中、なんとこちらの家は、

 

「白い壁がひとつもない!」

 

という非・無難!!

 

家の形や間取りは、特別変わっていませんが、とにかく壁紙、フローリング、天井の色・デザイン・材質にこだわっています。

 

いやぁ、なかなか四万十市や宿毛市では見られない個性的で攻めの内装!!

 

このお家を実際に見られるのは、7/21~/23の3日間ですので、ぜひ行ってみてください。

 

無難なあなたも、きっと目が覚めますよ!!

 

ダイエイハウスのオープンハウス・日程や場所の詳細はこちら

 

 

 

 

 

外観も非凡!本物の木!

防水性の木を使った外壁。

 

これ、木目調のサイディングではなくて、本物の木なんです!

 

経年で色が変化することを見越しての、チョイス。

 

黒枠の大きな窓が、抜け感をつくっていますね。

 

 

 

 

 

ゲートの先にシューズクローク

 

 

 

 

 

リビングは、セルジュ・ムーユの照明×本物の木

天井も床も、本物の木を使っています。

 

天井はレッドシダー。

 

床は、無垢材をわざわざヘリンボーン柄に貼っています。

 

 

壁紙もフローリングも、こういった柄の既製品は売っているのですが、本物の木を使うことで、個性的な照明や家具がより一層引き立っています。

柄を多用すると、少しチープ感がでがちなので、こういった質感にこだわることが大切なんですね。

 

憧れのセルジュ・ムーユデザインの照明、シュスポンション トワ ブラ ピヴォタン。(←そらで言えませんが笑)

 

この黒い3つのアーム、かっこいいですよね!

 

実物を見られて、すごくうれしかったです。

 

こんなオシャレな照明がぴったりのリビング。

 

奥の壁紙は、グレーではなくて、シルバーです!



 

 

 

 

 

決め手は彩度の統一感にあり!

白い空間がなく、たくさんの色や柄が入っている空間なんですが、不思議と統一感を感じるこのお家。

 

なんでだろう!?と思って、ダイエイハウスの濱田さんにお聞きしたところ、

 

「全ての色の彩度を統一しているんです。だから空間として落ち着いているんです。」

 

ということでした。

 

たしかに!!

 

施主さんの希望を叶えつつも、プロとして全体の統一感やデザイン性を損なわないように「これはやめましょう!」ときっぱり言ってくれるのがダイエイハウスさんなんですね。

 

そのほかにも、色や素材の選び方などをじっくりと教えていただきました。

 

 

こんな至るところがインスタ映えするマイホーム。

せっかく建てるんだから、ぜひプロと相談しながら、自分らしい家作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

四万十市の不動産情報はこちらから

 

四万十市で新築するならこちらもぜひ

 

 

 

この記事を書いた人
山本 富貴 ヤマモト フキ
山本 富貴
土地や家を購入することは、人生の中でとても大きな出来事ですよね。
私は売主様、買主様両方の気持ちに寄り添い、トラブルなく笑顔で引渡しができることを一番に考えてお手伝いさせて頂いております+.・゚+・.+゚
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward