9:00 ~ 18:00
なし
2018年08月15日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

お部屋探しは怖くない!入店~内見~申込みまでの流れ

 

足を使って物件探しをする時代は終わった。

すべてはスマホひとつで完結すると思っている方も多いかと思いますが、不動産業界は自分の目で見て、営業マンからいろいろ聞いて、実際に申込みするのがまだまだ主流の世界です。

 

というのも、お部屋探しにはデータでは分からない部分が散在しています。
それはリアルタイム情報です。

 

周辺環境で言えば、新設道路や周辺工事の情報、お子さんがいれば転校先の情報も気になりますよね。

グーグルマップや友達などから仕入れる情報にも限界があり、土地勘がなければ気づきにくいことも多々あります。

 

また、お部屋の中や建物自体でも、写真で見るより古さが目立ったり、狭かったりということもあります。

最近はVR内見という専用ゴーグルをかけることで実際に内見しているような感覚で部屋を確認できるというものも出てきています。

将来的にはその信頼度も上がって家に居ながらお部屋探しが一般的になるのかもしれませんが、現状ではリアルタイム情報ではないのでまだまだこれを決め手とするのは受け入れがたい方も多いかと思います。

 

仮住まいで借りるという方を除いて、毎月家賃を払って住むのですから納得して入居するべきなんです。

我々賃貸営業のスタッフは、納得したお部屋に引っ越すお手伝いをしているのですが、なんとも業界に対する不信感というか騙されないように身構えている壁を感じることも少なくありません。

 

そこで!

 

本ブログで一度申込みまでの流れを体験してもらう事にしました。

追体験であれば、少しは安心できますもんね。

 

宮本の打つ次の一手を見通せるので、「次はこう来るんでしょ?知ってる。」と勝ち誇った表情でお話を聞いていただけます。

…ただ天邪鬼な宮本はその表情が窺い知れた瞬間、予定外の行動をするかもしれないのでご注意ください。笑

 

さあ、それでは疑似体験、どうぞ!!!

 

 

 

疑心暗鬼ちゃんの来店

 

今回来店されるのは疑心暗鬼ちゃんこと西内さん!

※実際の西内さんは疑心暗鬼なんてとんでもない、豪快ガールです。

 

まずはお店の前で立ち止まって本当にここがヤマモト地所か確認しています。

 

 

指差し確認、大事です。

 

間違いないようなので、意を決して自動ドアにタッチ!

 

 

 

 

店内に入ると

 

とりあえず騙される気配はないようなので一安心。

 

もし入ったときにこの人たちがいたら騙される可能性があるので、そのまま回れ右をして帰るか、とっつぁんを呼んでください。笑

 

 

 

今回は宮本が接客をするようです。

 

 

 

はい、お辞儀の角度は45度。

 

誠実の塊です。

騙そうとする意図なんて微塵も感じませんね。

 

「いらっしゃいませ。お部屋探しでしょうか??」

 

100点の問いかけに疑心暗鬼ちゃんは「まあ、そんな感じ。」

まったく隙を見せませんね。

初対面の人は詐欺師と思えと親から強く言われているのでしょうか。

 

 

 

 

座ってからの流れ

 

「こちらの席にどうぞ~。」の顔も疑心暗鬼ちゃんの疑心暗鬼っぷりに心なしかこわばっているように見えます。

 

大丈夫、イスに罠は仕掛けられていません。

座ってもらうとまず飲み物を聞きます。

 

 

 

メニュー表は宮本によって手掛けられた夏仕様。

指でこすると消えるので、それはやめてあげてください。笑

 

飲み物を持ってくる間に渡されたのがこれ。

 

 

どういう条件で探しているのかをここに書いてください。

詳しく書いてくれるのが一番いいですが、まだぼんやりとしたイメージできてないという人はとりあえずはっきりしている条件だけでも書いてください。

 

実際に物件資料を見ながら、話を聞いているうちに見えてくるものもあるはずなので。

 

 

 

 

間違ってもこんな風に書かないでくださいね。

 

 

 

 

さて、これから書いてもらった条件を見ながら該当しそうな物件を紹介していきます。

写真や間取り図、立地や賃料など一覧性の高い書類でオススメしていきます。

2枚目にはお部屋の写真もあるので、ゆっくりじっくり見てもらって大丈夫です。

 

 

ちなみにこのときは疑心暗鬼ちゃんにアツアツの梅昆布茶をかけられないかひやひやしながら紹介している図です。

ちょっとでも誤魔化すような口ぶりがあれば右端に写っているコップに手が伸びるようなので、手元を警戒しています。笑

 

「ここ良さそう!実際に見せてください!」

 

まさかの食いつきを見せる疑心暗鬼ちゃん。

百聞は一見にしかず。

宮本の胡散臭いセールストークを聞くより実際に見ようという判断に至ったようです。

ナイス判断。

 

「じゃあ、車を回してくるので、少々お待ちください。」

 

そう言い残し、バックヤードへ下がる宮本。

 

あれ、不動産会社の営業って意外とガツガツしてないな…

ちょっとええ奴に見えてきたで…

とは疑心暗鬼ちゃんが後日言っていたような言ってないようなセリフ。

 

さあ、内見に行きましょう!

 

 

 

案内する車はミライースとルークスです!

 

ミライース
ルークス

 

ヤマモト地所のロゴが入っているので、行った先でどの車で来たっけ?なんてことにはなりません。

実はあと1台あるのですが、ロゴのない車で案内にはほとんど出動しないので割愛。

 

 

 

内見も割愛して事務所に帰ってきた後

 

物件を見終わったら事務所に戻ってきます。

疑心暗鬼ちゃんも信用してくれて、物件も気に入ってくれたようです。

 

「ここに住みたいです!」

 

「ありがとうございます!!」

 

自分のおすすめした物件を気に入ってもらえると嬉しいもので、ちゃんとその人を見れていたんだと安心する瞬間でもあります。

 

「じゃあ、とりあえず初期費用の見積もり出しちゃいますね。」

 

 

さあ、お金の段になりましたよ。

計算間違いが無い限りはこの金額通りなので、ここでも疑心暗鬼ちゃんは一安心です。

ただ案内から戻ってきて入れ直したアツアツの梅昆布茶のプレッシャーを受けているので、計算間違いをするわけにはいきません。

 

「うん、大丈夫。じゃあ、ここで申込みします!」

 

 

 

そこで記入してもらうのがこの入居申込書です。

物件によって申込書が違うことがありますが、基本的にはコチラに記入してもらいます。

 

 

疑心暗鬼ちゃんも入居審査に使う書類なので、さすがにここは本名で書いてもらいます。

この時に必要なのは本人確認のために免許証などの公的身分証明証。

そして、在職確認等のために保険証。

その2枚をコピーさせてもらうことになります。

 

持ち歩いてないという方は後日持参でもFAXでもメールでも構いません

こまけえこたあいいんです、入居する人が誰か分かればいいんです。

※物件によっては免許証と保険証はカラーコピー限定、収入証明や印鑑が必要という場合もあります。

 

ここまで書いてもらえれば、あとは契約の日程の打ち合わせです。

今回、疑心暗鬼ちゃんは、この日程で契約手続きをすることになりました。

 

 

必要書類もこの時に案内するので、契約いつだっけ?何がいるんだっけ?となったらこれを見れば大丈夫。

 

 

 

だいたいこんな流れで進んでいきます

 

どうですか?

身構えるほどでもないでしょ?

 

すぐに契約を迫るということもないので、引っ越ししようかな~くらいで来ても大丈夫ですよ!

むしろ一度来ていただければ、条件に合う物件が空いたときに公開前の情報をインサイダーメッセージでいち早くお知らせできるので、メリットもありますよ!

 

今回、疑心暗鬼ちゃんを演じてくれた西内さんも営業スタッフとして接客しています。

聞いたところによると四万十市で1,000人目に可愛いらしいです。笑

 

そんな感じで会社内に怖い人はいないので、是非一度ご来店ください!

 

 

まずは賃貸物件をチェック

 

 

この記事を書いた人
宮本 留伊 ミヤモト ルイ
宮本 留伊
私も大学入学のとき、就職のときと京都で部屋探しで苦労した思い出があります。

その経験からあらゆる角度からのご提案をして「実際住んでみないと分からない」を事前にできるだけなくし、気持ちよく不安の少ない新生活のお手伝いができるように尽力します。
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward