9:00 ~ 18:00
なし
2016年03月23日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

新しいお部屋での生活に安心をプラス!

 

皆さんご存知かと思いますが、ヤマモト地所は不動産会社です。

 

 

不動産会社の仕事といえば、アパートやマンションの賃貸仲介・管理や土地建物の売買仲介がメインとなりますが、それ以外の業務も行っています。

 

 

その一つとして、少額短期保険の募集業務があります。

少額短期保険を募集するには資格が必要で、ヤマモト地所では入社して2~3ヶ月以内に少額短期保険募集人の資格を取得するカリキュラムになっています。

 

 

不動産会社が保険の募集も行っているのか不思議に思われるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

保険は保険でもヤマモト地所で取り扱っているのは、賃貸住宅入居者様向けの家財総合保険なんです。

 

不動産業者に勤めていると、さまざまな住まいのトラブルに立ち会うことがあります。

 

例えば、「洗濯機のホースが外れて階下のお部屋が水浸しになってしまった。」なんていうトラブルはよく耳にします。

 

こういったトラブルで損害賠償責任が生じた際に対処できるよう、入居されるお客様へは保険の加入をおすすめしています。

 

賃貸住宅向けの保険では、「借家人賠償責任保険」と「個人賠償責任保険」の2つが重要です。

 

借家人賠償責任保険とは、火災などを起こして、借りているお部屋に損害を与えてしまった際に、貸主に対する損害賠償金を補償するものです。

 

借りているものを壊してしまったら、弁償しないといけないのは当然ですよね。

 

もうひとつの個人賠償責任保険。これが付いていない保険が結構あるので要注意です。

 

アパートやマンションは共同住宅のため、自分以外にもたくさんの入居者さんが住んでいます。

 

さっき例に出した洗濯機のケースだと、漏水のよって下に住んでいる住人の家財に損害を与えてしまった場合、損害賠償責任を負うことになります。

 

このケースのように、第三者に対して損害賠償責任を負った際に補償されるのが、個人賠償責任保険です。

 

洗濯機水漏れ以外にも、自転車に乗っていて通行人にケガをさせてしまった、ペットが通りがかりの人にかみついてケガをさせた、などいろいろな場面で補償される保険ですので色々と安心です。

 

ヤマモト地所で紹介している家財総合保険には、家財保険の他に借家人賠償責任保険・個人賠償責任保険の両方がセットになっています。

 

私も賃貸に住んでいたときに加入していましたが、賃貸住宅に特化しているため、色々なケースで柔軟に対応してもらえたので大満足でした。

 

 

 

共同住宅のトラブルは、自分だけではなく他人へも迷惑をかけてしまいます。

自分の安心だけではなく、大家さんや隣人の安心も考えて保険へ加入しておく。これが大人のマナーなのかもしれませんね。

 

 

 

 

リスクは保険でカバー、お部屋探しはヤマモト地所で!

 

 

 

store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward