9:00 ~ 18:00
なし
2018年04月10日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

仕事の幅が広がりました

 

こんにちは、宮本です。

今日は不動産会社の変わったお仕事?をご紹介したいと思います。

 

が、ただいま全身筋肉痛で体中が悲鳴を上げています。

打ち間違いなどがあってもご容赦ください。笑

 

筋肉痛の理由は今から書く変わったお仕事にあります。

 

 

一本の電話から全ては始まった

 

全ての始まりは昨日の夕方にかかってきた一本の電話に端を発します。

 

「向かいの家の木から落ちる葉っぱが気になります。住んでいる方もどうしたらいいか困っているみたいなので、代わりに電話しました。」

 

とのご連絡。

 

ご近所様に迷惑になっているならなんとかしなければ!

長岡さんについてもらい現地に直行しました。

 

さあ、長岡さん!行きましょう!と手に持ったのはこれ。

 

 

作業車に乗って現地へ向かい、到着。

 

 

…え、まさかこれ?

 

 

想像以上の敵

 

想定の倍近くある木に呆然と立ち尽くす2人。笑

平屋とはいえ屋根より余裕で高いやん…

 

枝切りばさみなんて何の役にも立ちません。笑

 

 

とりあえず近くの枝を切ってみる長岡さん。笑

 

 

手におえないので、業者さんに頼もうかと相談してたら作業車にのこぎりがあるのを発見。

 

「宮本君、木登りって得意?笑」

 

冗談で言われたこの一言に

 

「ちょっと登ってみましょうか!笑」

 

と冗談で返す自分。

 

 

実際に木に手をかけてみると

 

 

…あれ、本当にいけるかも?

 

 

ここからは写真でダイジェストでお送りいたします

終わりが見えてきた…!
が、日が暮れかけている。笑

 

 

一心不乱に切ること約1時間…

 

 

途中で枝同士が絡み合って焦ったり…

電線に比較的太めの枝がかかっていたり…

 

四国電力案件なんじゃないか?という思いが頭をよぎったりしながら無事に

 

 

 

謎の達成感に満たされる

 

木を下りてから何度も見上げました。笑

 

これを自分が切ったのか…

 

そして、切った後の散らかった道路を掃除し終わって、ふと思うことがありました。

 

 

 

あれ、不動産屋に就職したんだよね???

 

 

 

 

賃貸も、売買も、木の伐採も(笑)ヤマモト地所

 

 

 

この記事を書いた人
宮本 留伊 ミヤモト ルイ
宮本 留伊
私も大学入学のとき、就職のときと京都で部屋探しで苦労した思い出があります。

その経験からあらゆる角度からのご提案をして「実際住んでみないと分からない」を事前にできるだけなくし、気持ちよく不安の少ない新生活のお手伝いができるように尽力します。
store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward