9:00 ~ 18:00
なし
2021年03月13日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

大丈夫ですか?あなたのブロック塀

過去に発生した地震では、ブロック塀等の倒壊により犠牲者を出してしまったり、避難や救助の妨げになったケースがあります。

 

ブロック塀の安全を確保すること、維持管理することは所有者の責任です。

 

ブロック塀の倒壊等で周辺に影響を及ぼさぬよう、日頃より安全点検を行うよう心がけることが大切です。

 

点検方法には目視で確認できる項目も多いので、もし目視で分かる危険性を発見した場合は速やかに専門家に相談しましょう。

 

 

目視可能なチェックポイント

①塀の高さは2.2m以下かどうか

高すぎるブロック塀は危険です。

 

②塀の厚さは適切かどうか

塀の高さが2m未満の場合は厚さ10cm以上、塀の高さが2m~2.2mの場合は厚さが15cm以上必要です。

薄いものより厚いものの方が耐久性が高いです。

 

③控え壁があるかどうか

塀の長さ3.4m以下ごとに塀の高さの1/5以上突出した控え壁が必要です。

 

④コンクリートの基礎があるかどうか

基礎がしっかりと作られていない場合、地震時にブロック塀が根元から倒壊する可能性があります。

 

⑤塀に傾きやひび割れはないか

傾きやひび割れがあるブロック塀は劣化している可能性が高く危険です。近づかないようにしましょう。

 

 

専門家に相談が必要なチェックポイント

下記点検項目については目視で確認ができない為、専門家へ相談する必要があります。

 

①塀に鉄筋は入っているかどうか

塀の中に規定に基づいた鉄筋が配筋されているかの確認が必要です。

 

②基礎の寸法が十分かどうか

ブロック塀の高さが1.2m以上の場合は、基礎の高さ35m以上かつ基礎の根入れ(土の中に入っている深さ)が30cm以上必要です。

 

 

危険と判断される場合

ブロック塀の点検の結果、危険性が確認された場合は速やかに補修や撤去が必要です。

 

危険性を確認できた場合やご自身で判断できない場合は、四万十市役所の地震防災課(0880-35-2044)に相談してみて下さい。

 

撤去される場合は上限205,000円の補助金制度がありますが、本年度の申請受付は終了しているようです。

 

次回の申請受付の日程が決まれば、四万十市の広報でお知らせがあるようです。

 

 

きっと役立つ情報がここに!

 

 

この記事を書いた人
山下 裕太郎 ヤマシタ ユウタロウ
山下 裕太郎
不動産売買をサポートさせて頂きます。土地や住宅を売却・購入する事は人生で何度もある事ではありません。初めての事への不安、その不安を解消し、安心して頂けるよう努めてまいります!
store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward