9:00 ~ 18:00
なし
2020年11月29日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

【リフレッシュセミナー】を受講しました!

2020年11月26日(木)に【2020年度「リフレッシュセミナー」】へ行ってきました。

開催は(公社)幡多法人会[共催:(公財)日本電信電話ユーザ協会、中村商工会議所)]。

受講対象者は『ビジネスマナーとコミュニケーションスキルを改めて学びなおしたい方』です。

売買課 林と賃貸管理課 遠藤で受講してきました。

 

開催場所は四万十市立文化センター。

 

コロナ対策としてマスク必須。

受付で検温と消毒を行いました。

 

いざ会場へ。

「行ってきます!」

 

ソーシャルディスタンスで席につき、受講人数は約20名弱でした。

新入社員の方は全体の1/4程度で、半分以上がキャリアのある方々でした。

 

そして、本日の講師は株式会社キャップ代表 森 美佐子様

愛媛県で「人と仕事の縁つなぎびと」また 「人と企業のコミュニケーター」として人材育成研修や各種アウトソーシング、人材派遣  ・ 職業紹介といった総合人材サービスを展開していらっしゃる会社の代表者です。

 

<カリキュラム>

【午前】

■基本マナーの確認

・企業イメージとサービスの考え方

・対人関係の基本マナーの確認

■来客・訪問マナー

ランクアップした応対マナーを習得する



【午後】

■電話応対マナー

・電話応対でわかる「企業の実力」

・IT化時代における電話の役割

・簡潔で合理的な応対マナーを体得する

 

テキストは穴埋め形式になっており、講師の方の話を聞くだけでなく、自分で考えた答えをテキストに記入する時間が設けられました。

 

また、敬語などの使い方を全員でひとつひとつ回答しながら答え合わせをして、受講生が会場でひとつになって勉強している感覚が楽しく学べました。

丁寧に話そうと思い過ぎて、へりくだりすぎていたり。

 

テレビに出ている方の間違った言葉遣いに影響されてしまっていたり、各々改善点がみつけられる機会となりました。

 

他にも皆で体現したりロールプレイングを交えながら行われました。

 

応対の練習では2人一組になって、“話しているのに全く反応を示さない場合”と“姿勢、うなずき、視線を意識した場合”の2パターンを行い、応対によって変わる感じ方の違いを実践形式で行いました。

 

※受講中は写真撮影ができなかったので、社内でイメージ写真を撮影しました。

写真はイメージです。実際の中西課長代理はしっかり話を聞いてくれます。

 

話すテーマは“今夢中になっていること”“仕事をする上で大切にしていること”でした。

夢中になっていることがガールズグループ「NiziU(ニジュー)」でかぶっており、うなづかずに聞くのが大変だったのは、一緒にロープレした人との秘密です(笑)

 

実際に逆の立場を体感すると、反面教師になり勉強になります。

 

また最近では外出時のマスクが必須になっており、弊社でも業務中はマスクをしております。

マスク越しではなかなか表情がよみとりづらかったり、伝えにくくなっているかと思います。

そんなマスク時に実践できる方法を教えてもらいました。

 

・嬉しい気持ちを伝えたい時は眉毛を一瞬あげる(アイブロウフラッシュ)

・共感している時はうなづく

・びっくりしたらのけぞる

など

 

マスクをしてないときよりも大げさにするくらいの方が相手に感情が伝わりやすく、安心してもらいやすい。

自分ではやってるつもりでも、ただでさえマスクの着用で表情を作る機会が減ってしまっているので、アクションが思っている以上に小さくなっているかもしれないなと感じました。

 

社会人経験が長くなってくると自己流が増えてきてしまってしまう方も多いと思います。

 

今回のセミナーでは濃い内容を学ぶことができ、基本を見直す良い機会となりました。

意識し直して実践していきたいと思います。

 

おまけ

セミナーの間に行ったランチのご紹介もしてます。

四万十市では各所でセミナーなども行われていますが、合間に食べれる美味しいお店も沢山あります。

勉強中のクール時間も楽しめました♪

store

会社概要

有限会社ヤマモト地所
arrow_upward