9:00 ~ 18:00
なし
2016年12月10日
ヤマモト地所の四万十市不動産情報局ブログ

水道管の凍結に注意!

こんにちは!

 
12月に入って、ますます寒くなってきましたね。


朝、温度計を見てみると室温が11℃や12℃になっているので、朝起きたらまずエアコンをつけるのが日課になっています。

 

 

寒い時期に心配なのが「水道管の凍結」です。


冬の早朝に蛇口をひねって水が出ない場合は、まず水道管の凍結を疑ってみてください。

 


一番凍結しやすいのは、洗濯機の水栓です。


 

特に、洗濯機置場がバルコニーなど屋外にある場合は凍結の可能性大!

 

 

洗濯機水栓が凍結した場合の被害は、自分だけでは止まらず他人にも迷惑をかけることになります。

 

水が凍ると体積が膨張するため、水道管が破損します。


蛇口を開けたままだと、水道管の破損部分から水が漏れ続けるので、被害がどんどん大きくなります。

 

 

洗濯が終わったら蛇口を閉める癖をつけておきましょう!

 

 

これが一番簡単な対策です。


蛇口さえ閉めておけば、水道管が凍結しても水漏れ被害を抑えることができます。

 


大寒波がやってくるような日は、できれば以下の3つの対策を実施しましょう。


①水栓の蛇口を閉める。

②水抜きをする。(できる範囲で水道管やホースに残った水を抜いておく)

③水道管を布や発砲スチロールなどで保温する。

 

※上記以外に、少量の水を流しっ放しにする方法もあります。

 

 

それでも凍結してしまった場合は、水道管にぬるま湯をかけるかドライヤーで温めて、少しずつ溶します。

 


留守中、旅行中に洗濯機水洗が凍結して、水浸しになってしまったなんて被害はよく耳にします。


さらに年末年始は修理業者さんがお休みのためすぐに修理できず、しばらく水が使えないなんてこともありえます。

 

水道管の凍結に十分注意して楽しい年末年始を迎えましょう!

 

 

 

 

水周りのトラブル解決方法のまとめ 

 

 

 

 

store

会社概要

ヤマモト地所
arrow_upward