四万十市中村新町4丁目6-6

中村新町4丁目の売地(3号地) 61.52坪

写真

 

特徴一覧

 

基本情報

 
価格860万円所在地四万十市中村新町4丁目6-6
物件種目土地現況更地
引渡時期土地面積203.39m2  61.52坪
地目宅地都市計画非線引区域
用途地域商業地域・第1種住居地域建ぺい率61.71%
容積率217.17%土地権利所有権
接道状況一方取引態様売主
特徴旧町内,中村小学校区坪単価13.97万円
備考下水道エリアその他建築基準法第22条地域
仲介手数料無し上下水道引込済み
情報更新日2019/03/20------

中村新町で心豊かな暮らしを 

 

学校・街中ちかく

 

愛育園、中村小・中学校へ徒歩2~3分で通える距離のこの土地。

毎日の送り迎えや通学がとても楽なので親にも子にも高メリットですよね。

またファミリー様だけでなく、中高齢者の暮らしにも便利な立地。

スーパー、商店街、銀行、郵便局や行政機関が集中する街中エリアなので、将来にわたって長く快適に過ごしていただけると思います。

 

間口が広い恩恵

 

街中の土地には、いわゆる「うなぎの寝床」と呼ばれる「間口が狭く、奥行きが長い」土地が多く、駐車場が並列で取れなかったり、駐車しづらかったりという難点があります。

そんな中で、この土地は四万十市道に約22mも接していて、街中では珍しい「間口が広い土地」なんです。

間口が広いと、駐車場を並列で取りやすかったり、道からの出し入れも楽で安全。

この土地の場合、ちょうど市道の隅切り部分もあるので車の方向転換もしやすく、十分に2台並列駐車が計画できると思います。

ちょうど南側に酒造会社の2階建ほどの工場がある為、土地の南側が少し影になりますが、そこを駐車場にしてしまえば、お家への日当りの影響も少ないでしょう。

逆に、車の塗装は直射日光で劣化がすすみますので、ちょうど日陰部分に駐車すれば車にもいいかもしれませんね。

写真は11月の午前中に撮影したものです。

夏に向けてこの陰は減ってくると思います。

 

囲われたお庭でアウトドアリビングを楽しもう

 

土地は約61坪と、一般的なマイホームを建てるのに適した広さ。

お庭だって確保できます。

例えば、延床面積36坪・2階建の家を建てる場合、1階の建築面積は18坪。

61坪の内18坪に家を建てると、残りは43坪。

駐車場2台分で8坪使っても、残り35坪!!!

素敵なお庭でバーベキューパーティも満喫できそうです。

目の前の建物は人の住んでいない建物ですので、人目も気にならないし、のびのびとお庭を楽しめると思います。

 

交通量

 

東側にある四万十市道は、ほぼこの住宅地の住人や配達屋さんぐらいしか通行しないと思われます。

交通量はかなり少ないので、小さなお子様がいても安心ではないでしょうか。

 

よくあるご質問

 

Q.日当りはどうですか?


A.北寄りに家を建てると○

現在南側に2階建相当の酒造工場があり、西側には平屋の家と2階建の家が建っています。

東側、北側は約5m幅の市道になっています。

この土地の北寄りに2階建を建てるとすれば、周囲の家から5m以上離すことができるので、採光は十分に取れると思います。

最近では家の断熱性が向上しているため、昔のように南側に大きな窓を設置して直射日光を取り込まなくても温かいお家が実現できるようになりました。

反対に、プライバシーの確保や断熱性(窓が大きいと断熱性が下がるので)のために、窓を小さくする家も多くなってきています。

平屋を建てたいという方には、プライバシーと日当りを確保できる中庭のあるお家なんかも人気です。

建築士さんに色々と相談しながら、いい家を建てていただけると嬉しいです。

 

Q.22条区域とはなんですか?


A.火災が発生した際に、火災の広がりを防ぐための規制。

建築基準法で、市街地で火災が発生した場合に延焼を防ぐために、防火地域、準防火地域、22条区域がそれぞれ定められています。

 

22条区域の規制について

「木造建築物等」は、その屋根・外壁で延焼のおそれのある部分の構造を、準防火性能に関して政令で定める技術的基準に適合する土塗壁その他の構造で、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものとしなければならない。(モルタル、漆喰、防火サイディング壁等)

 

つまり、22条区域とは建築物を建てる場合、屋根や外壁を燃えにくく造らなければならないという地域です。

なぜ屋根や外壁なのかというと、火災が発生した際に火の粉などが飛んできて燃え移らないようにするためです。

 

実際に買主様が気になる事は建築費用の増額や手続きが必要なのかというところだと思います。

 

建築費用に関しては建築会社さんにもよりますが、お世話になっている建築会社さんに聞いてみたところ、「建築費用は変わらない」との事でした。

22条区域の規制は厳しくないのでほぼ普通に建てられるようです。


手続きに関しても、特に買主様に行ってもらう事はありません。

建築会社さんに伝えて頂く事くらいです。

 

 

Q.取引態様が売主とはどういう意味ですか?



A.ヤマモト地所が売主です。

弊社が直接お売りする物件のため、仲介手数料がいりません。

なので土地を購入する経費も抑えることができ、経済的ですね。

弊社は宅建業者ですので、もし土地ご購入後2年以内に隠れた欠陥が見つかれば弊社が責任を負います。(瑕疵担保責任)

買主さんも安心してご購入いただけると思います。

 

 

 

周辺環境

・愛育園 徒歩2分
・中村小学校 徒歩2分
・中村中学校 徒歩3分
・中村高等学校 徒歩7分
・県立中村中学校 徒歩7分

・マルナカ中村一条通店 徒歩8分
・ローソン四万十中村東町店 徒歩5分
・フジ中村店 車5分
・中村税務署 徒歩1分
・中村郵便局 徒歩3分
・四万十市役所 徒歩9分

 

 

お問い合わせ

【ご来店】
お気軽にご来店ください。
明るく元気なスタッフが現地案内させていただきます。
来店時間をお電話で予約していただきますとスムーズにご案内できます。

【電話】
0880-34-2305
お気軽にお電話ください。
気になること、なんでも聞いてくださいね。

【メール】
下記、緑のお問い合わせボタンからお問い合わせください。

会社概要

COMPANY
Company Name -

ヤマモト地所

ヤマモト地所
Tel - 0880-34-2305
Fax - 0880-34-2302
定休日 - なし
営業時間 - 9:00 ~ 18:00
免許番号 - 高知県知事(3)第2701号
住所 - 高知県四万十市中村一条通3-4-10
Directions - 中村駅から北へ1.1キロ
arrow_upward